【FLiP】『LOVE THE TOXiC –FiNAL
and BEGINNING-』2013年11月10日 at
SHIBUYA-AX

取材:榑林史章

 FLiPの最新アルバム『LOVE TOXiCiTY』を引っ提げての全国ツアー最終公演『LOVE THE TOXiC CiTY -FiNAL and BEGINNING-』が、11月10日にSHIBUYA-AXで開催された。

 激しい感情を叩きつけるようなナンバーの「カミングアウト」で始まった、この日のライヴ。「Tarantula」や「二十億光年の漂流」など、最新作『LOVE TOXiCiTY』からの楽曲を中心に、これまでのアルバムから「ライラ」「カートニアゴ」「ワンダーランド」などライヴで人気のナンバー、さらにインディーズ時代の名曲「It’s a lie」や、初披露の新曲も演奏。新旧織り交ぜた選曲と熱く情熱的な演奏の連続に、場内には大きな歓声が鳴り止むことなく、終始モッシュで観客が入り乱れた。

 “今までは明日死ぬかもっていうくらいディープな気持ちで歌ってたけど、今日は違って明日があるからという気持ちで歌っている。でも、めっちゃエモく歌うけどね(笑)”というヴォーカルSachikoのMCを導入に披露した「a will」は、遺書めいた歌詞が衝撃。その場でコーラスを多重録音しながらの一人ハモとエモーショナルなヴォーカルによる弾き語りで披露し、実に深みのある表現力と世界観で観客を圧倒した。

 新たな試みもいくつかあった。「Log in “Rabbit Hole”」「Dear Miss Mirror」では、Vドラム(Rolandの電子ドラム)がステージに。ライヴで使うのは初めてとのことで、ドラムのYuumiは“ちょっと今風じゃない?”と、ノリノリで演奏。硬質なビートによるサイバーな雰囲気で、新たな一面をのぞかせた。また「Bat Boy! Bat Girl!」では、ORESKABANDのホーン隊=SAKI(トランペット)、HAYAMI(トロンボーン)、morico(サックス)の3人が演奏に加わり、大迫力のブラスロックを展開。場内からは自然と手拍子が起こり、“Bat Boy!”や“Hey!”など、掛け声が上がった。

 さらに、この日は新曲「Color Me Blood Red」も披露。マイナー調のメロディーが、胸をキュッとさせるナンバー。黙々と演奏するベースのSayaka、Yukoのトリッキーなギターのフレーズ…4人の真摯な演奏が、新たなFLiPの世界観を映し出した。ちなみに、この曲はKen Yokoyama率いるKen Bandのメンバーである、Jun Grayがプロデューサーを務める新レーベル“Jun Gray Records”から、12月18日にリリースされるコンピ盤『And Your Birds Can Sing』に収録されるとのこと。CDで、ぜひまた聴きたい1曲だ。

 “最後の曲が終わった直後から、FLiPの第二章が始まる。これからのFLiPは、もっとヤバくなるからついてきてね!”

 ラストのダブルアンコールでは、「茜」を披露。文字通り茜色に染まった会場で、手を左右に揺らした観客。ゆったりとしたレゲエのビートに身を委ねながら、FLiP第一章の終わりの瞬間を、しっかりと胸に刻みつけた。

セットリスト

  1. カミングアウト
  2. It’s a lie
  3. Tarantula
  4. CHERRY BOMB
  5. 二十億光年の漂流
  6. ライラ
  7. Color Me Blood Red
  8. Log In “Rabbit Hole”
  9. Dear Miss Mirror
  10. a will
  11. 永遠夜〜エンヤ〜
  12. ワンダーランド
  13. カザーナ
  14. Raspberry Rhapsody
  15. カートニアゴ
  16. ナガイキス
  17. <ENCORE1>
  18. Oh Darling!
  19. Balloon Head
  20. <ENCORE>
FLiP プロフィール

フリップ:05年10月6日(金)沖縄那覇市国際通りのマクドナルドにて高校2年生だった渡名喜幸子(vo&g)が「とにかくカッコイイ女の子バンドを組みたい!!」という強い衝動から、中学時代の同級生である(g&cho)に相談を持ちかける。その後高校の同級生、宮城佐野香(B&cho)、玉城裕未(dr&cho)が加わりFLiPを結成。バンド名のFLiPは、「弾く」「ぴしっと打つ」などの意味合いを持つ。

沖縄・那覇市を中心にライヴ活動を続けるなか、08年6月にMONGOL800を輩出したインディーズ・レーベル<ハイウェーヴ>より1stミニ・アルバム『母から生まれた捻くれの唄』をリリース。09年3月には、テキサス・オースティンで行われた『SXSW 2009』に参戦、そのまま全8ヶ所9公演を廻る全米ツアーを敢行。その後、チャットモンチーや9mm Parabellum Bulletを手がけるいしわたり淳治をサウンド・プロデューサーに迎えて10年3月、<デフスターレコーズ>よりミニ・アルバム『DEAR GIRLS』でメジャー・デビュー。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着