【ASIAN KUNG-FU GENERATION】『デビ
ュー10周年記念ライブ「オールスタ
ー感謝祭」』2013年9月15日 at 横浜
スタジアム

撮影:TEPPEI,RIEI NAKAGAWARA/取材:榑林史章

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONのデビュー10周年を記念したライヴが、9月14日と15日に横浜スタジアムで開催された。“ファン感謝祭”と題して、ファンからのリクエストを元に構成したセットリストを演奏した1日目。打って変わって2日目は“オールスター感謝祭”と題し、アジカンと縁のある音楽仲間が次々と登場し、2部構成でさまざまなコラボを繰り広げた。

1部では、アジカンと共にNANO-MUGEN FESを支えてきた盟友が続々登場した。ホリエアツシ(ストレイテナー)は、出てくるなり“俺が出てくるのは、一番予想できたでしょ! 暇だもん”と。“やめてよ、そういう自虐。雨雲が来ちゃうから”と後藤正文(Vo&Gu)。幼なじみのような、仲良しトークに会場もほっこり。マット・シャープ (ザ・レンタルズ)とは、ザ・レンタルズのナンバー「Getting By」と、マットが在籍したウィーザーの「only in dreams」を演奏。10代の頃からの憧れの存在=マットとの共演に、感動しきりの後藤だった。そして細美武士 (the HIATUS)とは、the HIATUSの「インソムニア」などを演奏。バンドシーンを支えてきたふたりが声を合わせる様子は、ファンにとっても実に印象深いものになった。

2部では、“聴きたいという人が多かったので”と前置きして、後藤の弾き語りで「ひかり」を聴かせたほか、シークレットゲストとして急遽出演が決まったナカヤマシンペイ(ストレイテナー)とふたりで「転がる岩、君に朝が降る」をアコースティックで演奏。また、アジカンのツアーにサポートで参加経験があるフジファブリックの金澤ダイスケを加えた5人で、「迷子犬と雨のビート」などを演奏。少し懐かしいナンバーにファンも実に嬉しそうだった。

1部ではコラボのほかに、サポートメンバー3人を交えた7人での演奏も聴かせていたが、2部の後半ではアジカンの4人だけでのステージを披露した。MCでは、出会った当時の思い出話で10年を振り返り“デビュー10年、結成18年。人生の半分くらいをこの人たちと一緒にいると思うと、ちょっと複雑な気持”と、おどけて笑った後藤。また“僕らを見つけてくれてありがとう”と、10年分の想いを込めてファンに感謝を述べる場面も。この日は、「アフターダーク」や「リライト」など人気曲のほか、新曲「スローダウン」を含めた全32曲を披露した。アジカンにとってのデビューからの10年は、音楽仲間やファンと一緒に積み重ねて来た10年である。そんなことを実感する4時間だった。

セットリスト

  1. [1部]
  2. All right part2
  3. アフターダーク
  4. ブルートレイン
  5. AとZ
  6. 新世紀のラブソング
  7. ナイトダイビング
  8. ラストダンスは悲しみを乗せて
  9. 1980
  10. 無限グライダー
  11. KILLER TUNE
  12. Getting By
  13. only in dreams
  14. インソムニア
  15. 遥か彼方
  16. Loser
  17. マーチングバンド
  18. 踵で愛を打ち鳴らせ
  19. 今を生きて
  20. [2部]
  21. ひかり
  22. 夜を越えて
  23. 転がる岩、君に朝が降る
  24. 嘘とワンダーランド
  25. 迷子犬と雨のビート
  26. 架空生物のブルース
  27. さよならロストジェネレイション
  28. センスレス
  29. 惑星
  30. 江ノ島エスカー
  31. リライト
  32. 君という花
  33. <ENCORE>
  34. スローダウン
  35. アネモネの咲く春に
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents 『NANO-MUGEN FES. 2012』 プロフィール
ASIAN KUNG-FU GENERATION プロフィール

アジアン・カンフー・ジェネレーション:1996年、大学のサークルにて結成。02年にUNDER FLOWER RECORDSより発表したミニアルバム『崩壊アンプリファー』で注目を集める。そして、03年に同作をキューンレコードから異例の再リリース。その後も音源のリリース、ツアー、主催イベント『NANO-MUGEN FES.』と精力的に活動を展開。エモーショナルでポップ、詩情的かつメロディックなギターサウンドで多くのロックファンから高い支持を受けている。ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着