【シシド・カフカ】『シシド・カフカ
 ワンマンライヴ』2013年9月6日 at
渋谷CLUB QUATTRO

撮影:コサカシンタロウ/取材:榑林史章

 プリッツのCMや『新・堂本兄弟』への出演でも話題のシシド・カフカが、初のワンマンライヴを開催。クールなルックスとは裏腹に、非常に社交的でおしゃべり上手な彼女は、開演前の影ナレから登場。オールナイトニッポン風のしゃべりで観客を沸かせた。いよいよ彼女が登場すると、割れんばかりの歓声が会場を飲み込んだ。“ようこそいらっしゃいました。最高の夜にしましょう”とカフカ。冒頭から飛ばしまくり、“イエー!”と何度も声をあげる。ドラマ主題歌としても話題になった「キケンなふたり」や配信デビュー曲「デイドリームライダー」をはじめ、1stアルバム『カフカナイズ』から次々と曲を披露。エモーショナルな歌声を聴かせると同時に、激しいドラミングも披露するため、MCの時には“ハァハァ”と息を切らせて酸素吸入する場面も。“始まったらどうせペース配分とか関係なくなっちゃうんだろうなと思ってたけど、やっぱりそうなっちゃいました(笑)。力を残すなんてもったいないから全力でいきます”。実はイベント出演時でも毎回ペース配分おかまいなしで全力を出し切り、終わった時はスティックを握れなくなるほどだとか。そんな全力プレイは、まさにパッションがほとばしるといった感じ。また、デビュー前の気持ちを込めた「群青」では、アコースティックギターの演奏を披露した他、サングラスをかけてモデルっぽく登場したりと、短い時間ながらも多彩な表情を観せて楽しませた。最後には“みなさんを日本武道館に連れて行きます!”と。武道館での全力プレイは、ぜひ観てみたい!

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
シシド・カフカ プロフィール

シシド・カフカ:メキシコ出身。ドラムヴォーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。13年9月に1stアルバム「カフカナイズ」発売。フジテレビ『新・堂本兄弟』『ファーストクラス』への出演や、『PRETZ』『SONY WALKMAN®』『Levis®』などのテレビCMでも話題に。15年6月にはセッションミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』をリリース。各フェスへの出演の他、女優、モデルなど、多方面で活躍中!シシド・カフカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」