【ケツメイシ】『闇から光へ尿意ドー
ン!ケツメイシTOUR 2013 〜エッ
?追加公演?いつやるの?...今でし
ょ!〜』2013年8月17日 at 横浜アリ
ーナ

取材:榑林史章

 ステージの真ん中に現れた大きな風船から登場したメンバー。クラブチューンの「脳内開放」が始まると、観客はいっせいにキノコ型のペンライトを振り始めた。“脳内を開放する準備はできてるんでしょうね!”という大蔵(MC)の煽りに、さらに会場が沸く。「君にBUMP」では、DJ KOHNOによる華麗なスクラッチと女性ダンサーの踊りでも魅せる。「夏とビールとロックンロール」では、観客も一緒になってツイストを踊って盛り上がる。MCではRYO(Vo&MC)が大活躍した。『RYOさんの今週の事件簿』と題し、鳥のフンによく当たる話、富士山に登った話など、多彩なエピソードで観客は大爆笑。「君とつくる未来」「夢の中」と続くパートでは、一転してゆったりとしたムードで聴かせ、RYOJI(Vo&MC)の包容力のある歌声に合わせて観客も一緒に口ずさんだ。また、2年振りの横浜アリーナということもあって、スペシャルな演出も多数。TRFのカバー「EZ DO DANCE」では、本家TRF のSAM が華麗なダンスを披露した他、コントコーナーではタレントの柴田英嗣(アンタッチャブル)が社長役で登場してメンバーのボケに突っ込んだ。さらに、『名曲劇場』というコーナーでは、本物の役者が目の前で感動のドラマを繰り広げた。場面場面で「涙」「手紙〜未来」などが歌われ、ストーリーに入り込んで目をウルウルさせる観客も多数。基本的におバカでおふざけあり、でも感動もあるという、ケツメイシのスタンスそのままのライヴ。アンコールは再び「カーニバル」などお祭りナンバーの連続。タオルを回し腰を振り、“ケツメバカのみんなありがとう”と、締め括った。この日は追加公演となったが本公演のライヴ映像商品が10月2日にリリースされる。

セットリスト

  1. 脳内開放 - know ya mind free
  2. guruguru
  3. papamama syndrome
  4. 君にBUMP
  5. 夏とビールとロックンロール
  6. トレイン – THE COMPANY “TTFK”Remix
  7. 君とつくる未来
  8. 夢の中
  9. LOVER
  10. GOKON Queen
  11. EZ DO DANCE
  12. LOVE LOVE Summer
  13. お二人Summer
  14. 名曲劇場「君とボンバイエ2-激闘!過労!古田よ永遠に…」
  15. ①涙
  16. ②そばにいて
  17. ③闘え!サラリーマン
  18. ④恋の終わりは意外と静かに
  19. ⑤〜そばにいて
  20. ⑥手紙〜未来
  21. Make & Break
  22. 月と太陽
  23. YOUR WAY
  24. <ENCORE>
  25. 夏の思い出
  26. カーニバル
  27. ボラーレ 〜 Nel Blu, Dipinto Di Blu
ケツメイシ プロフィール

2MC/シンガー/DJからなるラップ・グループ、ケツメイシ。なんとも心地よいシンフォニーを描き出すキャラ立ったラップのかけ合いと、メジャーな旋律をなぞる歌声は聴き手の心の琴線を確実に刺激する。それもなにげない日常の出来事/想いを綴ったストレートなリリックあってこその賜物か。そしてそれらは、親しみやすいヒップポップ/レゲエ・サウンドと相まって、温かさと解放感に満ちたナンバーとして届けられるのだ。99年のデビュー・シングル「こっちおいで」はTV CFソングにも起用。聴きなじみやすいポップ・サウンドでスマッシュ・ヒットを記録した。01年、「ファミリア」にてメジャーデビュー。以降、コンスタントにヒット曲を生産し、05年、メジャーデビュー以来11作目になるシングル「さくら」でオリコン1位に輝く。現在も“桜ソング”の定番曲として人気を誇る名曲となっている。ケツメイシ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着