【ももいろクローバーZ】『ももクロ
夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 20
13 8.4 日産スタジアム大会』2013年
8月4日 at 日産スタジアム

撮影:上飯坂一+Z/取材:土屋恵介

 ももいろクローバーZが、4月の西武ドーム2デイズに続く、夏のビッグマッチ『ももいろクローバーZ ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会』を開催した。1日で6万人の観衆を集めての過去最大規模のライヴは、ももクロオリンピックとでもいうような、スケールのデカい大バカ騒ぎライヴとなった。巨大な5人の顔のセットが並ぶステージの、さらに上に設置された聖火台にメンバーが上昇すると、なんと布袋寅泰が登場。ギターで「君が代」を演奏すると百田夏菜子が聖火を点火し、5人は布袋とともに「PUSH」で勢いよくライヴをスタート。夏のライヴの恒例となった大量の放水が、スタンド席の上のほうまで大噴射する。ステージ上の巨大な顔が回転するとバンドが姿を表し、生演奏で「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を披露。パワフルなサウンドとパフォーマンスに、観客は早くも大熱狂だ。
 今回のライブには、日本を元気にしようというテーマがあり、“日本を元気にするバカ企画”がライヴ中に織り交ぜられ進んでいく。猫ひろしがライヴ中にフルマラソン完走を目指し「Z女戦争」でスタートを切ったかと思えば、「BIONIC CHERRY」では陸上十種競技元日本チャンピオン武井壮と夏菜子の、120m x 100mハンデ付き対決が行なわれた(武井の勝利)。さらには、グランドで北澤豪、福田正博などの元サッカー選手の試合が行なわれ、「ピンキージョーンズ」の間にメンバーが試合に乱入と、ハチャメチャな状態が繰り広げられる。
 ライヴでは、怒髪天が手がけた新曲「ももいろ太鼓どどんが節」が初披露され、再び布袋がステージに登場すると彼のヒットチューン「バンビーナ」を共演。続けざまの「行くぜっ!怪盗少女」で観客は大ヒートアップする。そして、「労働讃歌」で会場が一体となっての“オイ!オイ!”の大歓声が巻き起こった。アンコールに突入すると、「コノウタ」で5人がグランドに大きな星をテープで描き、フルマラソンを完走した猫ひろしが会場に戻るとステージ上でゴールイン。ラストは、出演者総出の「黒い週末」で盛りだくさんのライヴが締めくくられた。
 約4時間30分に渡って行なわれた、音楽とスポーツをミックスした怒涛のエンターテイメントショー。これだけのバカ騒ぎができるグループはももクロしかいないでしょう。続くは、ライヴ中にレギュラーゲスト松崎しげるから発表された、12月23日、埼玉・西武ドームでの『ももいろクリスマス 2013』。真冬の野外の極寒ライヴという新たな試練に、5人は果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。乞うご期待!

セットリスト

  1. PUSH with 布袋寅泰
  2. サラバ、愛しき悲しみたちよ with 布袋寅泰
  3. 仮想ディストピア
  4. DNA狂詩曲
  5. Z女戦争
  6. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
  7. 月と銀紙飛行船
  8. 上を向いて歩こう
  9. ~ゲッダーン!
  10. ココ☆ナツ
  11. ワニとシャンプー with 箕輪はるか
  12. 5 The POWER
  13. ムーンライト伝説
  14. Neo STARGATE
  15. 宙飛ぶ!お座敷列車
  16. ももいろ太鼓どどんが節 ※新曲
  17. 上球物語
  18. BIONIC CHERRY
  19. ピンキージョーンズ
  20. Chai Maxx
  21. キミノアト
  22. バンビーナ / 布袋寅泰
  23. 行くぜっ!怪盗少女
  24. 労働讃歌
  25. 走れ!
  26. ももクロのニッポン万歳!
  27. <ENCORE>
  28. 灰とダイヤモンド
  29. コノウタ
  30. さくらさくら
  31. ~ニッポン笑顔百景
  32. 黒い週末
ももいろクローバーZ プロフィール

モモイロクローバーゼット:スターダストプロモーションに所属する百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人によるガールズユニット。次世代の新人プロジェクトとして08年春に結成。グループ名は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込めて「ももいろクローバー」と命名された。ももいろクローバーZ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着