【GLAY】『GLAY ARENA TOUR 2013 JU
STICE & GUILTY』2013年5月6日 at さ
いたまスーパーアリーナ

取材:帆苅竜太郎

来年メジャーデビュー20周年を迎えると聞けば周囲は成熟期に入ったとか簡単に位置付けがちだが、このバンドが抱いている精神はいい意味で安定とは無縁のようだ。

ヒットナンバーをあえてセットリストには入れず、ニューアルバム『JUSTICE』、そして『GUILTY』収録曲中心で臨んだ今回の全国アリーナツアー。

バラードやアコースティックナンバーも披露されたが、エッジの立ったギターサウンドとハードなビートとで奏でられるロックチューンが大半で、全体を通しては攻めの姿勢が強調されたライヴだった。個人的に印象に残ったのは2本のギターのコントラスト。ギタリストがふたりいるバンドながらそこで語られることはあまりなかった気がするGLAYだが、タイプの異なるギタリストがしのぎを削ることで楽曲全体に凄まじいまでの緊張感が生まれる。

それは「JUSTICE [from] GUILTY」「My Private“Jealousy”」「傷だらけの太陽」辺りに顕著に表れており、こうしたスリリングなバンドサウンドを感じることができることこそライヴの醍醐味ーー“こういう瞬間に立ち会いたくてライヴにきてるんだよ!”というTERUのMCに嬉しくなった。もっともこれはボトムを支えるリズム隊がしっかりとしているからこその成せる業とも言えるわけで、ここにきてバンドサウンドがさらに強靭になっていることの証明とも言い換えることができる。

つまり、今回のツアーでGLAYはロックバンドとしての矜持をしっかりと示してくれたわけだ。あえて定番曲を外し、新曲中心で構成したライブは大きなチャレンジだったに違いないが、その試みは成功したと言えるし、今回の挑戦は5年後、10年後のGLAYに何か大きな作用を及ぼす気がしてならないーーそんなことを思わせるツアーのフィナーレでもあった。 

セットリスト

  1. Justice [from] Guilty
  2. My Private "Jealousy"
  3. MERMAID
  4. Paradise Lost
  5. 華よ嵐よ
  6. everKrack
  7. 冬の遊歩道
  8. 春を愛する人
  9. SMILE
  10. Who Killed My Diva
  11. Super Ball 425
  12. FATSOUNDS
  13. 真昼の月の静けさに
  14. 傷だらけの太陽
  15. FACTORY
  16. Prize
  17. 彼女の“Modern…”
  18. Ruby's Blanket
  19. 運命論
  20. <ENCORE>
  21. More than Love
  22. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  23. BEAUTIFUL DREAMER
  24. Bible
GLAY プロフィール

グレイ:1988年にTERUとTAKUROを中心に結成し、94年にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。デビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。25周年アニバーサリーイヤーの2019年~2020年にかけては『GLAY DEMOCRACY』というテーマを掲げ、7つの公約を発表。メットライフドームでの大型ライブ、15枚目のオリジナルアルバム『NO DEMOCRACY』のリリース、3カ月に渡り全国19公演19万人を動員したアリーナツアーの開催など、さまざまな活動を精力的に展開した。GLAY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着