【NICO Touches the Walls】『NICO
Touches the Walls×new balance N
EW ALBUM「Shout to the Walls!」  
リリース記念スペシャルライブ』201
3年4月24日 at LIQUID ROOM ebisu

撮影:上飯坂 一/取材:道明利友

 “最高の夜にしようぜ!”(光村龍哉/ Vo&Gu)。『JAMBORiii STATION』でのレギュラー番組『ニコじゃん!』公開放送に続き、5thアルバム『Shout to the Walls!』発売を記念して開催された今回のスペシャルライヴ。そのオープニングナンバー「夢1号」は、広がりのある音像に包まれながらファンはコーラスを重ね、ライヴ開始早々に大きな一体感が生まれる。そして、「夏の大三角形」は、まさに夏の空気感を思い起こさせる煌きに満ちたメロディーが疾走し、フロアの人波が笑顔とともに大きく揺れる。さらに「ランナー」「チェインリアクション」と、『Shout to the Walls!』からの新曲を惜しげもなく披露。「ランナー」は力強いメロディーにフロアから熱い歓声が舞い、「チェインリアクション」はギターの古村大介がドラムスティックを手にしてリズムを奏でるなど起伏に富んだ展開は、今のNICO Touches the Walls というバンドの自由さを象徴しているかのようだ。“2013 年はこの曲が間違いなく俺らのテーマソングになるなと確信した、今一番大好きな曲です”(光村)。そんなメッセージが印象的だった本編ラスト「Mr.ECHO」もまた、聴き手の心を揺さぶる勇壮なハーモニーが感動を呼ぶ。“まだ叫べるだろ!”(光村)。アンコールを「April」と「Broken Youth」で締め、『Shout to the Walls!』発売記念ライヴらしく、メンバーとファンの熱き“Shout”がこだました一夜。来たるべきホールツアーでも、両者の“Shout”がさらに高らかに響き渡るはずだ。

セットリスト

  1. 夢1号
  2. 夏の大三角形
  3. バイシクル
  4. ランナー
  5. チェインリアクション
  6. THE BUNGY
  7. Mr.ECHO
  8. <ENCORE>
  9. April
  10. Broken Youth
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着