【ギターウルフ】『ツアーマグマ201
3』2013年4月18日 at 代官山UNIT

撮影:三島タカユキ/取材:金澤隆志

 ロック=“熱”。そんなことを嫌というほどに体感させられたライヴだった。快作『野獣バイブレーター』を引っ提げての『ツアーマグマ2013』ファイナル@代官山UNIT。セイジ(Vo&Gu)のビール一気飲みを合図に、怒濤のロックマグマがドロドロと流れ出す。汗だくでフレーズごとにポーズをキメ、唾を飛ばしながら絶叫するセイジ。それにフロアが呼応。いつしかトオル(Dr)の刻むビートとU.G(Ba)の野太いベースもグイグイとトルクを上げていく。この連鎖反応こそがロックだ! 「バッティングセンター」では、ギターをバットに見立ててフロアにボールをノック!(笑) 初のマイナーコード曲「サファイヤCITY」で見せたシットリ感も今回の見どころのひとつと言えるだろう。
 アンコールで登場したセイジの手にはほら貝! ブォーッと吹き、“戦だーっ!!”。「マグマ信長」で場内も戦国シェイキン! ギターウルフ流青春賛歌「高校生アクション」では、高校生を舞台に上げ、校歌を歌わせた揚げ句、ステージ上で四つん這いに。人間ピラミッドの頂点に君臨するセイジの姿が神々しい! ラスト「SF トーキョー」で締めた後、セイジが単独で再登場し、「アイ・ラヴ・ユー、OK」をギター1本で熱唱。感動的に締めるはずが“照明当てろ! コードが見えない!”(笑)。どの場面もギターウルフのライヴ恒例の鉄板芸だが、毎回初めて目にした時のような衝撃と高揚感を与えてくれるのは、毎回尋常ではない彼らの“熱”が伝わってくるからだ。一音一音、一挙手一投足にこれほど魂と熱がこもったロッカーが、今の日本に何人いるだろうか。

セットリスト

  1. 野獣バイブレーター
  2. メソポタミアロンリー
  3. ガソリン子守歌
  4. ジェット ジェネレーション
  5. ケンカロック
  6. 幽霊ユー
  7. ロボットマリア
  8. バッティングセンター
  9. サファイヤCITY
  10. ゲロナイト
  11. 地球 VS エイリアン
  12. 女マシンガン
  13. ワイルドゼロ
  14. 火星ツイスト
  15. キックアウトジャム
  16. ランブル
  17. <ENCORE1>
  18. マグマ信長
  19. ミサイルミー
  20. オールナイトでぶっとばせ!!
  21. <ENCORE2>
  22. 高校生アクション
  23. SFトーキョー
  24. <ENCORE3>
  25. アイ・ラヴ・ユー、OK
ギターウルフ プロフィール

ギターウルフ:1987年に東京・原宿にて結成。革ジャン、革パン、サングラスという“ロック三種の神器”に身を包み、アドレナリンを発散しながら登場したジェット・ロックンロールバンド。アンプが耐えられないほどの大音量、弦が切れてもお構いなしの暴走ぶり、マイクをヌンチャクに見立てたステージ・パフォーマンス…全宇宙の民必見のライヴはとにかく圧巻!ギターウルフ オフィシャルHP
ギターウルフ オフィシャルFacebook
ギターウルフ オフィシャルブログ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着