【浅井健一】『Pocky in Leatherboo
ts Tour FINAL』2013年3月4日 at SH
IBUYA-AX

撮影:岩佐篤樹/取材:今井智子

 “浅井健一 & Bad Teacher Kill Club”と名付けられた新バンドは、アルバム『PIL』を引っ提げ怒濤の如く全国9カ所を回り、そのファイナルSHIBUYA-AXで最高の夜を迎えた。
 浅井が率いるこのバンドのメンバーは、東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志(Gu)と茂木欣一(Dr)、JUDEにも参加したHEATWAVEの渡辺圭一(Ba)。この4人でのブッ太いロックは幕開けの「見た事もない鳥」からフロアを熱狂させ、ギター2本が絡む硬派だが華のある演奏は、お馴染みの曲も新鮮に響かせる。ツアー前の宣言通り『PIL』の曲はもちろん、浅井のソロ作、JUDE、照井利幸と組んだPONTIACSのナンバーにBLANKEY JET CITY時代の曲も揃えたセットリストに、フロアは沸きに沸いた。イントロで歓声が起こり、「危険すぎる」や「ガソリンの揺れかた」は浅井が歌わずともコーラスで曲が進んだほど。そんなオーディエンスを浅井は嬉しそうに見渡した。 メンバー紹介で加藤が“影響を受けてきた浅井さんと一緒にやれて光栄です”と言うと浅井も“この3人とやれて嬉しい”と返した。そして、中盤は「人はなぜ」や加藤がシンセを弾く「エーデルワイス」をドラマチックに聴かせ、後半はフロント3人が揃ってネックを振るポーズを決めたり、ジャンプしたりと意外なパフォーマンスにフロアの熱気は最高潮に。2度のアンコールの最後を飾った「SEA SIDE JET CITY」はエンディングが「テキーラ」にとなり祝杯をあげた気分。このバンドは今後も続くようだ。

セットリスト

  1. 見た事もない鳥
  2. 原爆とミルクシェイク
  3. BPR
  4. OLD PUNX VIDEO 
  5. GALAXY HEAD MEETING
  6. 危険すぎる
  7. FRED&SUSAN
  8. MORRIS SACRAMENT 
  9. そーゆーこと
  10. Locker Room's Mirror
  11. ガソリンの揺れかた
  12. 人はなぜ
  13. エーデルワイス
  14. MAD SURFER 
  15. SWEET DAYS 
  16. DEVIL
  17. WAY
  18. Salinger
  19. Love Live Love
  20. <ENCORE1>
  21. MONA LISA
  22. Skunk
  23. チキチー タブーツ 
  24. <ENCORE2>
  25. SEA SIDE JET CITY
浅井健一 プロフィール

日本ロック史にその名を刻む、Blankey Jet Cityの元ヴォーカリスト&ギタリストにしてメイン・ソングライター。その活躍はもはやここで言及するまでもなかろう。00年5月のグループ解散以降、自主レーベル<SEXY STONES RECORDS>を設立、SHERBETSで荒削りなロックンロールを鳴らし、AJICOではUAとのコラボレートが実現。次々と新境地を切り拓きファンをエキサイトさせた。02年からは新バンド“JUDE”を結成するが、その立ち位置はあくまで自由であり、『FUJI ROCK FESTIVAL'02』では浅井健一名義でステージに立ち話題となった。JUDEやSHERBETSの活動と並行しながら、06年からは本格的に浅井健一名義で活動を開始。敢えて<BMG>というメジャー・レーベルに復帰しファンを驚かせた。だが彼の才能は音だけにとどまらない。ジャケットのアートワークはもちろん、レーベル設立後は画集・詩集・絵本などを次々と出版、個展も開催されるなどマルチな才能を発揮している。もともと汚れ無き純粋な心を歌い続けてきた彼だが、絵や詩などを発表することでますます歌も純化されているような気がする。次はどんなアクションを起こすのか、一番気になる男と言えるだろう。浅井健一オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着