【SEAMO】『SEAMO LIVE TOUR ~SEA
MOの目指せ億万長者!人生花びら?大
回転!!~』2013年1月25日 at Zepp N
agoya

 今回のツアーテーマは“人生ゲーム”。ステージの巨大ルーレットとスクリーン中のゲームとライヴが連動しており、SEAMOはゲームとライヴで億万長者を目指す。序盤から演出を交えて「YOU ♥ SEAMO」を3度披露するなど絶好調!中盤ではBENNIE K のCICOを迎え「ブラックサンタさん」「a love story」を披露。さらに龍と天狗のコラボ面のシーモネーターが登場。後半の「汚れた翼で」ではSEAMOの顔が描かれた100$札を降らせる大サービス。アンコールには「ROCK THIS WAY」にSPYAIRからIKE(Vo)が登場。最後は彼の代表曲「Continue」を歌い、“大切なのはお金じゃなく、周りで支えてくれる人たちであり、最高のオーディエンスのみなさん。みなさんこそが何より僕の財産です”とメッセージ。ツアーファイナルを締め括った。 

セットリスト

  1. YOU ♥ SEAMO
  2. ROCK THIS WAY
  3. YOU ♥ SEAMO
  4. YOU ♥ SEAMO
  5. ホン☆TOKAI -SEAMO ver.-
  6. コロッケファイヤー
  7. メドレー(①ラップの花道 ②That's Right  ③Sunday Brunch ④FRIDAY NIGHT FEVER)
  8. その手は何のためにある?
  9. Let's try again
  10. 君に1日1回「好き」と言う
  11. アイタイヒト
  12. Cry Baby
  13. クリスマス大作戦
  14. ブラックサンタさん feat.CICO from BENNIE K
  15. a love story feat. CICO from BENNIE K
  16. 天狗〜祭りのテーマ〜
  17. Lost Boy
  18. 万華鏡
  19. 不景気なんてぶっとばせ!!
  20. 東京
  21. My Place~君と僕の場所~feat. BRIDGET,あぬえぬえ∞ぶれいん
  22. GET A CHANCE feat.BRIDGET、あぬえぬえ∞ぶれいん
  23. YOU ♥ SEAMO
  24. 汚れた翼で
  25. Rhyme Jet Coaster
  26. ルパン・ザ・ファイヤー
  27. <ENCORE>
  28. サラリーマン黙示録
  29. ROCK THIS WAY
  30. Continue
SEAMO プロフィール

地元・名古屋、東海地区を中心に“シーモネーター”としてインディーズ活動を始めたラッパー/シンガー・ソングライター。同地区におけるヒップホップの新しいスタイル、ムーヴメントを確立し、若きヒップホップ・アーティストとのチーム“男塾”を結成。そのため、ニックネームは“塾長”である。2002年4月、米米CLUBの「浪漫飛行」を大胆にサンプリングしたシングル「浪漫ストリーム」でメジャー・デビュー(名義はシーモネーター&DJ TAKI-SHIT)。下ネタ&ライヴでの“天狗スタイル”で大いに話題を集めていく。そして2005年、シーモネーターとしての活動はやり尽くしたとの思いからSEAMOに改名。同年3月、さだまさしの「関白宣言」をリメイクしたシングル「関白」で再メジャー・デビュー。これまでの路線とはガラリと表情を変えた正統派ラブ・ソングでファンを驚かせた。同年7月には、2ndシングル「DRIVE」をリリース。夏の大型イベント出演を経て、お互いをリスペクトする親交の深いBENNIE Kとのコラボレーション・シングル「a love story」、さらに1stアルバム『Get Back On Stage』を10月に発表。数々のゲストが参加したアルバムは愛と男気とユーモアにあふれた内容で、ヒップホップ・シーンだけでなく、J-POPシーンにおいても好評を博す。2006年4月には4thシングル「マタアイマショウ」、7月には5thシングル「ルパン・ザ・ファイヤー」のヒットで注目を集め、同年12月にはNHK『紅白歌合戦』に初出場。2009年10月、初のベスト・アルバム『Best of SEAMO』をリリース。また、2007年7月より東海地区屈指の夏フェス『TOKAI SUMMIT』を主催し、ヒップホップの野外フェスとしては日本で最大の規模を誇っている。オフィシャルHP
Twitter
Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着