【奥 華子】『奥華子 弾き語り 2013
Last Letter』 『奥華子 BAND LIVE
TOUR 2013』2013年1月19日 at Zepp
Tokyo

取材:石田博嗣

 本ツアーは昼は弾き語り、夜はバンドスタイルという1日2回公演。過去に“Letter”を冠とする弾き語りツアーが5回行なわれてきたが、“Last Letter”と題され、今までを振り返るような楽曲が披露された昼の部。しかも、一曲一曲の背景が語られたこともあって、彼女が歌に込めた想いを受け取ったし、その歌詞の世界にどっぷりと浸った。そんな弾き語りが心を震わせるライヴなら、バンドスタイルは体を震わせるライヴ。立体的で深みのあるサウンドスケープを描くだけでなく、歌&ドラムや歌&ベースなどの特別メニューも用意され、バンドならではの音像を堪能した。そして、“これから先、自分らしくあるために”と本ツアーを最後に大規模なライヴなどの活動を控えるという彼女。ここで全てを出し切ってリセットされたことだろうから、今はそれを経ての“次”を期待してやまない。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
奥華子 プロフィール

オクハナコ:シンガーソングライター。キーボード弾き語りによる路上ライブをはじめ1年間で2万枚のCDを手売りし驚異的な集客力が話題となり2005年メジャーデビュー。劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」で注目を集める。聴く人の心にまっすぐ届く唯一無二の歌声は年齢問わず幅広く支持されている。また数々のCMソングや楽曲提供を手掛けるなど活躍の場を広げている。奥華子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着