【ASIAN KUNG-FU GENERATION 】『AS
IAN KUNG-FU GENERATION Tour 2012
「ランドマーク」』2012年12月21日
at 神奈川県民ホール

撮影:古渓一道/取材:榑林史章

 前作『マジックディスク』のツアーは、震災の影響で残りあと数本というところで中止になった。あれから1年7カ月振りに開催されたツアーは、ダブルアンコールまで含めて全27曲、約3時間に及ぶ大ボリューム。オープニング曲は、ツアー開始前に日記で伏線を張っていたベックのカバー。ハンドマイクを持つ後藤正文(Vo&Gu)のラップは力強く、それはまるで『マジックディスク』ツアーのやり残しを精算する叫び声のようでもあった。パーカッションやシンセなどのサポートメンバー3人が加わったことで、幅広く多彩な音が表現されたステージ。曲によってはギターが3本になり、実に分厚い音で観客を圧倒した。ライティング演出にはLEDやプロジェクターなどさまざまな技術が使われ、まるで会場全体がひとつのプロモーションビデオの中に入ってしまった感覚。全てにおいて格段にスケールアップしたステージは目を見張るばかりで、魅了された多くの観客が手を挙げて歓声を送っていた。MCでは、この1年7カ月をどのような想いで音楽と向き合ってきたか、被災地は今も苦しんでいること、震災後に音楽が不謹慎だと言われる中で、横浜のランドマークスタジオでアルバム『ランドマーク』が録音されたことなど、さまざまなことが語られた。“そのスタジオからすぐ近くの、この会場でやれることがすごく嬉しい”と後藤。ラストに歌われた新曲「今を生きて」は、明るく温かみのあるビートと歌声が心に優しく火を灯してくれるようなナンバー。1年7カ月を経て導き出した彼らの答えのようで、非常に心に染みた。

セットリスト

  1. Loser
  2. All right part2
  3. N2
  4. 1.2.3.4.5.6. Baby
  5. AとZ
  6. 新世紀のラブソング
  7. 大洋航路
  8. ブルートレイン
  9. Re:Re:
  10. 君という花
  11. それでは、また明日
  12. アフターダーク
  13. ラストダンスは悲しみを乗せて
  14. 1980
  15. マシンガンと形容詞
  16. センスレス
  17. レールロード
  18. ノーネーム
  19. 踵で愛を打ち鳴らせ
  20. バイシクルレース
  21. <ENCORE1>
  22. マーチングバンド
  23. リライト
  24. ループ&ループ
  25. アネモネの咲く春に
  26. <ENCORE2>
  27. 東京LIFE(岩崎 愛)
  28. 夜を越えて
  29. 今を生きて
ASIAN KUNG-FU GENERATION プロフィール

アジアン・カンフー・ジェネレーション:1996年、大学のサークルにて結成。02年にUNDER FLOWER RECORDSより発表したミニアルバム『崩壊アンプリファー』で注目を集める。そして、03年に同作をキューンレコードから異例の再リリース。その後も音源のリリース、ツアー、主催イベント『NANO-MUGEN FES.』と精力的に活動を展開。エモーショナルでポップ、詩情的かつメロディックなギターサウンドで多くのロックファンから高い支持を受けている。ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着