【ニューロティカ】ニューロティカ
渋谷0-EAST 2007年5月26日

text:ジャガー

今日は一体どんなパフォーマンスを観せてくれるのだろうかと、期待に満ちた会場。1曲目「嘘になっちまうぜ!!」の演奏が始まるや否や、会場のテンションが一気に上がった。拳を上へ突き上げる者、ダイブに走る者、踊り出す者…おのおののスタイルでニューロティカの音を感じている。メンバーたちも“ロティカ節”をこれでもかと言わんばかりに観せつける。その姿はとても楽しそうで、特にステージの上を走り回るアツシ(Vo)の姿は、無邪気な子どもみたいだ。勢いだけでなく、しっかりとしたメッセージ性のある楽曲の数々に、会場中がどんどん元気になっていく。そしてライヴ中盤には、長年親交のある関西を中心に活動しているスカパンクバンドのGELUGUGUからAZU(Tenor saxophone)とFUJI(Trombone)のふたりも23周年を祝って大阪から駆け付け、メンバーと一緒に「足踏みかませ」などを披露。世代、性別、アーティスト、観客を問わず、その場にいる誰もが大はしゃぎした。 アンコールではトレードマークのピエロ姿から大きな耳のヒーロー姿で88ライダーと称し登場したアツシに、会場がどっと沸く。ライヴの定番となった“ひとつ、恋愛禁止!”“ふたつ、メール交換禁止!”“みっつ、お持ち帰りOK!”のインパクト大の出だしから始まる「東京ハレンチ天国」では、3回目のアンコールにもかかわらず、一番の盛り上がりを見せたのではないだろうか。観るたびに元気を与えて、いつまでも音楽に磨きをかけるニューロティカは正真正銘のエンターテイナーだった。
ニューロティカ プロフィール

こんなに楽しいパンク・バンドが他にいるだろうか、ライヴはいつもお祭りのようだ。「みんなで歌おうパンク・ソング、みんなで騒ごうニューロティカ」をスローガンに掲げ、84年にバンド活動をスタート。インディーズ〜メジャー〜インディーズと渡り歩き、そのキャリアは15年を優に越える。ピエロ・メイクがトレードマークのあっちゃん(vo)を中心に、愛と平和、夢と希望、そして“笑い”のいっぱい詰まった抱腹絶倒パンク・チューンを展開。00年には、そんな魅力を満載した6年ぶりのアルバム『絶対絶命のピンチ』を発表している。公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着