撮影:(C)TOHRU ASOU/text:石田博嗣

2005年夏に行なわれた日比谷野外音楽堂のライヴ以降、各メンバーがそれぞれ個々の活動を行なっていたZIGGY。その間、ずっと開店休業状態にあったわけが、サポートミュージシャンに元The Street Slidersの市川“JAMES”洋二(Ba)とTHE EASY WALKER-Sの五十嵐“Jimmy”正彦(Gu)を迎え、ついに活動を再開させた。 ボブ・ディランの「LIKE A ROLLING STONE」がSEで流れる中、大歓声に迎えられてメンバーが登場し、松尾宗仁が奏でるルーズなギターの音色をイントロダクションにして「STRIP DOWN」がプレイされる。初っぱなからローリング・ストーンズの流れを汲んだダイナミックでワイルドなロックミュージックが叩き付けられ、そのままロック特有の毒をぶちまけるような「DEADEND KIDS」へと続く。抜群の安定感を誇るJAMESのベースと宮脇“JOE”知史の力強くタイトなドラムがストーンズ・ライクなグルーヴを生み、松尾とJim-myのギターがキース・リチャーズとロン・ウッドばりのコンビネーションを魅せ、その上で森重樹一が深みのある艶っぽい歌声を聴かせる。メンバーのルーツが前面に押し出された幕開けに、これが活動再開後のサウンドなのかもしれない…と思っていると、派手なロックサウンドとキャッチーなメロディーといったZIGGYの王道的ナンバーでもある「La Vie en Rose」がプレイされた。その後も、松尾節全開の渋いロックンロールや森重のヴォーカリゼーションが映えるメロディアスなナンバー、ZIGGYらしいハードポップチューンが繰り出され、さらに待望の新曲も披露! メンバーのルーツが色濃く出たサウンドは、そんな新曲にもつながっていて、やはり現在のZIGGYのテンションはそこにあるようだ。 森重が“みんなが知ってる曲をやります”と言い放つと、切ないメロディーとスケール感のあるサウンドが見事にマッチした「翳りゆく夏に」がプレイされ、そこから一気にクライマックスへと突入する。ZIGGYを語るに欠かせない「GLORIA」で客席のボルテージが爆発的に上昇し、本編ラスト「I'M GETTIN' BLUE」では会場の壁が震えるぐらいの大合唱が起こる。この上なく場内がひとつとなり、大団円を迎えたのだった。2007年夏、ZIGGYが完全復活を果たした瞬間である。尚、この日の模様を収めたライヴDVDが10月に、約3年ぶりのオリジナルアルバムと同時リリースされる。
ZIGGY プロフィール

ジギー:1984年に森重樹一を中心に結成。1987年10月にアルバム『ZIGGY~IN WITH THE TIME~』でメジャーデビュー。88年5月発表の2ndアルバム『HOT LIPS』収録曲「GLORIA」がフジテレビ系ドラマ『同・級・生』の主題歌となり大ヒット。84年の結成以来、メンバーの脱退・加入・復帰、活動休止を繰り返し、08年2月に無期限の活動休止を発表。30周年イヤーとなる17年に約10年振りのシングル「CELEBRATION DAY」とアルバム『2017』をリリース。TVの音楽番組やバラエティー番組への出演機会も増え、ネット上でも注目が集まる中、ライヴは世代を超えた多くのファンが詰めかけ、ソールドアウト続出。まさに再ブレイク中!ZIGGY Official Website

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』