【SUEMITSU&THE SUEMITH】SUEMITSU
&THE SUEMITH 赤坂BLITZ 2008年4月
21日

撮影:太田好治/取材:高木智史

彼のライヴではお馴染みとなった舞台の幕に写されたベートーベンが燃え落ち、それと同時に起こった拍手の中、2ndアルバム『Shock on The Piano』を引っ提げた今ツアーのファイナルは始まった。掻き鳴らされるギター、弾むピアノの旋律が無条件に観客のテンションを上げる「Rock a Nova」、そして「Teddy Bear」とアップテンポな楽曲が続き、ファンはクラップをし続け、それをSUEMITSUは自らの旋律に体を揺らしながら眺めていた。彼は観客とともに手拍子を取ったり、雄叫びを上げたり、ライヴをファンと一緒に楽しもうという姿勢を見せ、それが観客との一体感を生んでいた。また、このツアーではこれまでとは違ったアプローチを用い、ライヴをより楽しいものにしようとしていた。そのひとつはピアノとヴァイオリンによるアコースティックステージだ。心地良く、たおやかな音色が響き渡り、曲が終わるとともにドッと押し寄せる喝采。会場はクラシック演奏会へと様変わりする。しっとりと聴かせながらもSUEMITSUの楽曲には独特の弾むようなポップさがあり、それが観客のやわらかな笑顔を作り出していた。また、恒例のカバータイムでは大江千里の「Glory Days」を披露。そして個人的にすごく驚き、見入ってしまったのがアンコール1曲目の「Basketball Game Crush」。なんと、ギターを提げ、登場したのだ。彼のバンドとともに繰り出される豪快なギターと中央にいるだけで迫力を感じるステージング。初のツアーのファイナルとなったこの日、終始、満足気な表情を浮かべるSUEMITSUと、さまざまな魅力を見せられ、歓喜の喝采を上げるオーディエンスがそこにはあった。
SUEMITSU&THE SUEMITH プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着