【セカイイチ】セカイイチ 代官山UN
IT 2008年11月14日

取材:高木智史

観ていてすごくセカイイチの純粋さがあふれ出ているライヴだと思った。その純粋さとは“歌う”こと、“語る”こと、“踊る”こと、“笑う”こと…。 拍手に迎えられたメンバー、岩崎 慧(Vo&Gu)は人差し指を突き上げ歩き、誇らしげな顔をしている。持ったギターを掻き鳴らし、1フレーズを歌い“ユニットー!”と一発放ち、それに観客は歓声をあげる。1曲目は「石コロブ」だ。“心のままに今日は歌おう”という歌詞だが、ソウルフルに歌い上げる姿を観ながら、先程の誇らしげな顔を思い出すと、それがこの日のライヴの宣言だったように思えた。「ライトニングスタイル」「モナカ」と次々に繰り出されるパッションのこもった楽曲。それはいわゆるダンスミュージックというジャンルでカテゴリーされるものではないが、気持ちを高ぶらせるものがあり、ファンは想い想いに揺れていた。そんな観客の姿を観て“いいね”と笑顔を見せる岩崎。中盤ではアコギに持ち替え、バンドの原点に立ち返った最新シングル「あかり」を披露し、高らかに歌う。特に“君んとこまで迎えに行くんだぜ”という歌詞を強く歌い、それはまさにこのライヴでファンに今のセカイイチを観せるべく迎えに来たというところではないだろうか。楽曲からは、これまでとは違った気迫に満ちた熱さを感じたのだった。「虹」ではさらにグッと観客の心を掴む。優しさと憎しみがあるのが人間。日々の葛藤に焦って悩む姿も愛らしいんだよと広くて温かい、シンプルだが最高のメロディーに乗った楽曲はいつ聴いても心に響き、僕も観客もただじっとその歌を聴き入っていた。 また、“今日はやりたいことをやらせてもらうんで”と語ったのだが、中盤のMCではこれまでのライヴではあまり喋ることのなかった吉澤 響(Dr)、中内正之(Gu&Cho)もMCに参加し、観客もレアなシチュエーションに始めはどぎまぎしていたものの次第に温かい空気が生まれていく。さらに「さいぎしん」では“この曲になったらどうするか分かってるかい? アー・ユー・レディー!”と岩崎が投げかけ“Do you feel good”と合唱が起こる。だが岩崎の“やりたいこと”はそれでは満足せず、フロアの後ろにずらっと並んだ関係者も巻き込もうとステージ近くの観客を後ろに向かせ、“Do you?”と歌いかけさせる。そんな特別なシーンを写真に収めようとカメラマンをステージに上げたり、岩崎だけでなくメンバー全員も屈託のない笑顔を浮かべて歌い、演奏する姿が印象的だった。 このライヴでも発表があったが2009年2月にはニューアルバムが控えているという。こんなにも自然体なセカイイチの本質を観ることができた今、その最新作が楽しみで仕方がない。
セカイイチ プロフィール

どこか懐かしくて、どこか切ない。そして、思わず口ずさんでしまう「歌力」を持っている……。05年期待の新人としてシーンに登場したセカイイチは、01年に岩崎慧(g&vo)が前々からそのドラム・プレイに惚れこんでいた吉沢響(dr)を誘い結成。その後ベースが入ったもののすぐ脱退してしまい、当時ベースを弾いていた中内正之に声をかけたが「ギターならやってもいい」と強引にギターとして加入。02年から本格的に活動を開始し、03年、サポート・メンバーだった泉健太郎(ba)が正式加入し現在の形になった。05年1月にインディーズで発売していたアルバム『今日あの橋の向こうまで』とシングル「ふりだしの歌」をメジャー・レーベルから再リリース、彼らの快進撃はこれからである。セカイイチ Official Website
セカイイチ オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着