【吉井和哉】吉井和哉 日本武道館 2
008年12月28日

撮影:有賀幹夫/取材:ジャガー

“今年の汚れは今年のうちに”、年末恒例となった吉井和哉の武道館ライヴ。ホームのような温かさと、心地の良い緊張感が張りつめた会場。ステージを360度取り囲む観客たちの目は活き活きと輝いていた。 吉井和哉らしさが凝縮されたアッパーチューン「ビルマニア」で幕開けを告げると、ソロ作品はもちろん、THE YELLOW MONKEY時代の「I CAN BE SHIT,MAMA」「NAI」「天国旅行」の3曲を繰り出す。さらにこちらも恒例である、洋楽に吉井が訳した日本語を乗せて歌うコーナーでは、レディオヘッドの「CREEP」を壮大に歌い上げた。一曲一曲緻密に作られた楽曲を吉井とサポートバンドの面々が立体的に浮かび上がらさせる。そして、その世界観を色濃く映し出す照明、深く感銘を受ける観客…その場にあるもの全てがこのライヴのひとつのパーツであり、欠けてはならないほどに一体感が生まれていた。付け加え、この日は春に発売を控えているニューアルバムよりミディアムバラードの「SNOW」が披露されるなど、特別な一夜となった。 アンコールでも、特別な一夜はまだ続く。なんと、大ヒット映画『崖の上のポニョ』に出てくるポニョの父、フジモトの格好で登場したのだ。“いつも日の目をみない北側スタンドのみなさんのために”と、ステージ裏側にあたる観客の方を向いて同映画主題歌をサポートギターの菊地英昭とともに歌い、笑いを誘った。そこから「I WANT YOU I NEED YOU」や「FINAL COUNTDOWN」といった楽曲で攻め立て、言うまでもなく会場のテンションは最高潮に達した。 色褪せないメッセージ性と時代の波に乗る柔軟な発想で、歳を重ねる度に勢いの増す吉井和哉。それがロックスターである由縁であることを証明付けた一夜ではないだろうか。
吉井和哉 プロフィール

ヨシイカズヤ:88年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、92年にメジャーデビュー。01年にバンドが活動休止した後、03年にYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。04年にTHE YELLOW MONKEYが解散。05年6月より初のソロツアー『AT the WHITE ROOM』を実施。06年1月、吉井和哉に名義を変更し、シングル「BEAUTIFUL」で活動を再スタート。14年11月、自身のルーツ・ミュージックをカバーした、初のカバーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』を発表。15年3月、4年振りとなる7thアルバム『STARLIGHT』を発表した。吉井和哉 オフィシャルHP(アーティスト)
吉井和哉 オフィシャルFacebook
吉井和哉 オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着