取材:ジャガー

昨年メジャーデビューを果たし、さらに活動の幅を広げるVELTPUNCH。メジャーだからといって大きな変化はない。今まで通り、彼らの持ち味…アンダーグラウンド感を漂わせつつも、どこかキャッチーであり、親しみやすさを感じる楽曲は健在だ。そんな彼らの根底にあるカッコ良さを堪能できるアルバム『Paint your life gray』を引っ提げての本ツアーも今日がファイナル。約1年振りのワンマンライヴということもあり、VELTPUNCH vs 観客の熱戦が繰り広げられた。 アルバム同様、遠藤泰介(Dr)のけたたましい叫び声が轟く「MOUSE OF THE PAIN」が1曲目を飾ると、長沼秀典(Vo&Gu)とナカジマアイコ(Vo&Ba)のハーモニーの美しさにうっとりしたり、姫野聖二(Vo&Gu)の緻密さと大胆さを合わせ持ったプレイに目を見張ったり、激しいドラムプレイに付け加え、野生児ばりの雄叫びを見せる遠藤にテンションが上がったり…と、見所が多いものだから観る方も大忙しであっと言う間に時間は過ぎていく。無論、楽曲自体の良さがさらにライヴを盛り上げたことは言うまでもない。独特なリズムでも自然と体が動いてしまうし、まったく持って不思議な感覚にとらわれるライヴである。 興奮のあまり、最後には長沼が客席にダイブし、そのまま客席で歌い切ったりとアンコールを含め、最後の最後まで何をしでかすか分からないはちゃめちゃ振りも彼ららしく、次のライヴをすでに待ち遠しく思いながら会場を後にした。
VELTPUNCH プロフィール

USオルタナティヴ直系の歪んだサウンドを強力な音圧で繰り出すVELTPUNCH。3ピースというタイトな編成を活かした、ソリッドでスピード感あふれるナンバーは瞬時に耳を奪う。また、泣きのフレーズをもつメロディは、UKギター・バンド好きにも充分アピールできるだろう。VELTPUNCHオフィシャルサイト
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ ライブレポート

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着