【UNISON SQUARE GARDEN】UNISON SQ
UARE GARDEN 恵比寿LIQUIDROOM 2009
年2月7日

取材:高木智史

“今、バンドがすごく楽しい”と斎藤宏介(Vo&Gu)が語ったように、喜びや野心といった感情があふれ、その感情で放たれた1曲1曲がこれからのユニゾンの道標となっていくかのようなライヴだった。開始早々のMCでは“やりたいことがありすぎて、今日は曲数を絞らないことにしました”と豪語。その言葉通り、「ガリレオのショーケース」「ライトフライト」という初期の楽曲から、4月15日にリリースされるアルバムには入らない新曲まで、いい意味で節操のない贅沢なセットリストを見せる。だが…いや、それゆえか楽曲の純度はすごく高かった。斎藤、田淵智也(Ba)、鈴木貴雄(Dr)の3人が爆音でアンサンブルを築く「水と雨について」かと思えば、スローで一音一音を丁寧に紡ぐポップチューン「一人思うは雨の中」と曲調は違えど、ひとつひとつの思いをオーディエンスで埋め尽くされたリキッドにしっかりと置いてゆくような真摯さも感じられた。中でも「サンポサキマイライフ」からの「さよなら第九惑星」では“いいとこ連れてってやるよ”と斎藤が言い放ち、小刻みなビート、コーラスワーク、大振りな展開、それでいてキャッチーと、これぞユニゾン!という楽曲で聴く者を酔わせ、そのままタービンの回転数が増してくかのように、激情の音色を絡めていく「さよなら?」へつなぎ、スリル満載のグルーヴで跳ねまくるオーディエンスを飲み込む。アンコールは2度に渡り、打ち込みでチューンナップしたダンスナンバー「MR.アンディ -party style-」で踊らせ、大トリでは「箱庭ロック・ショー」を披露。長い間演奏してきたユニゾンにとってもファンにとっても馴染み深い楽曲であり、このワンマンはただ前を向いて爆走したものではなく、しっかりと地に足を付けた上での爆走だったということを物語っていた。
UNISON SQUARE GARDEN プロフィール

ユニゾン・スクエア・ガーデン:2004年に結成。05年のデモCD『流星行路』のリリースを皮切りに、東京・下北沢を拠点としたライヴ活動を行なう。自主企画イベントやライヴ会場での手売りCDなどを通して、着実に名を広め、08年に1stシングル「センチメンタルピリオド」でメジャーデビュー。透明感にあふれながらも個性的なトゲを持つヴォーカル、エッジが効いたコンビネーション抜群のバンドアンサンブル、キャッチーなメロディー、鮮烈なライヴパフォーマンスで右肩上がりにセールスと動員を伸ばす。15年7月、結成10周年を記念したアルバム『DUGOUT ACCIDENT』をリリース。同月には、初の日本武道館での単独公演を開催した。UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルHP
TOY’S FACTORY
UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルTwitter
UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着