【まきちゃんぐ】まきちゃんぐ SHIB
UYA BOXX 2009年3月24日

撮影:楢崎真也/取材:高木智史

岡山、大阪、名古屋と行なってきた初の全国ワンマンライヴの東京ファイナル。会場は男女問わず、20代から50代くらいまでの幅広い客層の観客でいっぱいだった。暗転すると、足早にピアノに駆け寄り、椅子に腰掛け、ひと呼吸の後にやわらかいメロディーを奏で歌い出すまきちゃんぐ。そこまでの間、観客は登場から声も上げずにいて、“あれ? 静かだな…”と思っていたのだが、一瞬にして無音だった会場に彼女の歌声が響き渡る。すると、その楽曲「メトロノーム」の持つ儚さだったり、言葉の強さだったりが心に一気に飛び込んできて、“あぁ、ここにいるお客さんは拍手や歓声を上げることよりも、ただこの歌を待っていたんだなぁ”と心を打たれた。ギター、パーカッションのバックミュージシャンを引き連れたバンドセットで「雨を傘と繋いだ手」や新曲「サプリ(仮タイトル)」も披露し、それはただワンマンだからと豪華に観せようというものではなく、あくまで彼女の歌を前面に出すことを重視したアレンジで楽曲の世界観を作り上げていた。またMCでは、“まきちゃんぐのライヴを始めて観るという人は手を挙げてください”という問いかけで観客の9割の手が挙がったことに対し、“今まで何をしてたんですか?、ガーデンニングとかですか?”といきなりつっこんでみたり、このワンマンの時期がちょうどWBCの頃だったということもあり、たまたま乗ったタクシーの中でイチローが決勝戦の決勝打を打って、運転手と盛り上がったと話ながらも最後には“日本は野球が強いんですか??”と言ってみたり、まきちゃんぐトークで笑いが起こる(あくまで本人はナチュラルなのだが…)。中盤ではデビュー曲「ハニー」を披露し、激しい恋心そのままに叫び歌う声に圧倒され、一転、アッパーな「あの丘へ行こう」では明るいメロディー、軽快な歌に自然とオーディエンスからクラップが起こる。MCで和やかな雰囲気を作りながらも歌となると、一瞬で空気を変えてしまう。そんなライヴを観ると、まきちゃんぐ特有の緩急がたまらなくクセになるのだ。アンコールで演奏された楽曲は「さなぎ」。ピアノだけでやさしく歌い上げ、“大丈夫 そんなに弱くない”という彼女の応援歌にまた、オープニングと同様静かに聴き入る観客の姿が印象的だった。歌だけでなく、まきちゃんぐというキャラクターがあらゆる人の心を裸にするということを深く感じるライヴだった。
まきちゃんぐ プロフィール

1987年9月19日生まれ、岡山県出身の女性シンガーソングライターまきちゃんぐ。学生時代からバンドを組むなど音楽活動を行なってきたが、05年12月よりソロでの活動を開始。06年11月、『ヤマハティーンズ・ミュージック・フェスティバル』全国大会に中国四国代表で出場。08年1月に<VAP>より1stシングル「ハニー/ちぐさ」でメジャー・デビュー。その後、映画『青い鳥』の主題歌に抜擢された「鋼の心」を含む2枚のシングルを経て、12月に1stアルバム『知と性、毛布とセックス』をリリース。

09年3月に実施した初のワンマン・ライヴ「ウェルカム トゥ ザ マキヂャングル」はチケットが完売するなど成功を収めた。09年6月に発売された4thシングル「愛の雫」は、10年に岡山県で開催される第25回国民文化祭『おかやま2010』イメージ・ソングに起用されるなど、中国地方での認知は大変高い。東京でのライヴ活動も回を追う毎ごとに観客動員数が増え続け、切ないメロディと飾りのない言葉が絶妙な歌たちを類稀な魅力ある声と歌唱力で我々に届けてくれる。まきちゃんぐオフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着