【D'espairsRay】D'espairsRay 新木
場STUDIO COAST 2009年5月31日

撮影:YUKI KUROYANAGI/取材:土内 昇

バンド史上最長となるツアーのファイナルを飾った東京公演。渾身のニューアルバム『REDEEMER』から全曲を披露し、ライヴでの定番曲はもちろん、楽器陣による本ツアー限定のインストバンド…つまり、この日を最後に冬眠に入るというLOVE PARADEが「ミッキーマウス・マーチ 」をプレイするなど、会場を沸きに、沸かせた。ドラマチックでヘヴィネス、そこにシーケンスを絡めて広がりを与え、さらにダンサブルなフックもあるというサウンドが、耽美で退廃的な世界を構築しつつも、時にアグレッシヴに攻め立て、メローな音像で包み込み、混沌としたダークな一面も魅せ、観客を際限なく熱く狂わせていく様は圧巻! 海外経験も豊富なライヴバンドとしてのキャリアであったり、結成10周年に裏付けられた安定感をまざまざと痛感した。
D'espairsRay プロフィール

ディスパーズレイ:写真左より、ZERO(Ba)、TSUKASA(Dr)、HIZUMI(Vo)、Karyu(Gu)。1999年9月9日に現メンバーで結成。楽曲はハード&ヘヴィなサウンドを軸とした、ダンサブルかつメロディアスなもので、存在感のある独特のライヴパフォーマンスでシーンを席巻。国内のみならず、早くから海外での活動にも積極的で、今や恒常的に海外ツアーも行なっている。D'espairsRay オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着