【NICO Touches the Walls】『NICO
Touches the Walls TOUR 2009~2010
「& Auroras」』2009年12月27日 at
Zepp Tokyo

撮影:上飯坂一/取材:田中 大

“決して日本では出ることがないオーロラを浮かべてみたいと思います!”と、光村龍哉(Vo&Gu)は冒頭で宣言していたが、その公約が果たされたと言って良いだろう。ステージから放たれるサウンドの強靭さと、それに反応して揺れ動く観客フロアのエネルギーが、とにかく半端ではなかった。彼らは現在もツアー中なので、具体的なセットリストの紹介は控えさせてもらうが、最新アルバム『オーロラ』の楽曲を中心としつつ、昔からの楽曲も絶妙なバランスで繰り出す内容は、場内の熱気を天井知らずに上昇させていった。そんな中でも印象的だったのは、「そのTAXI,160km/h」。この曲を終えると、MCを始めた光村。“Zepp Tokyoは2004年に『Teens’ Music Festival』っていうコンテストの関東大会で出たことがあるんだけど、「そのTAXI,160km/h」をやったんです。でも、その時は歌詞がまだサビしかなくて、サビ以外は適当にフニャフニャ歌ってたの。そうしたら審査員の先生に、ヴォーカリストはメッセンジャーだから、クリアに歌詞を届けないとと叱られまして(笑)”。このステージに立てる喜びを光村らしいヒネりとともに滲ませた、実に心温まる場面であった。アンコール時には、“来年の武道館は、今までの日々を全て詰めてみたい。今までよりも何倍も良いライヴにしたいと思います”という目標も掲げられたが、彼らはバッチリとキメてくれることだろう。進化を果てしなく続けているNICO Touches the Walls。現在の彼らに漲る凄味を、この年末のステージでまざまざと体感した。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着