【吉井和哉】『YOSHII BUDOKAN 2009
』2009年12月28日 at 日本武道館

撮影:有賀幹夫/取材:ジャガー

今年も残りあとわずか。と言うことは、年末恒例の“YOSHII BUDOKAN”の季節である! 恒例になるほどに求められるものは大きいが、毎年それ以上のものを必ず作り上げるこのライヴ。アーティストだけでなく、会場にいる者ひとりひとりがきっちり参加して完成させるため、言わば“祭り”に近い存在ではないだろうか。だからと言って、特別派手なセットを用意するわけではない。どちらかと言えばシンプルな飾りっけのないステージが広がるのだが、ひとたび演奏が始まるとカラフルに彩ってしまう。

 そんなライヴを行なう当の本人曰く、“今日は吉井和哉ソロの歴史グレイテスヒッツ”。これまでの歴史を堪能できるセットリストが用意されていた。中には、“ジョン・レノンが俺に作ってくれた”と言わせるほどに本人としても馴染んでいる「Yer Blues」をカバー。記憶に新しいアルバム『VOLT』の力強さ、ツアー『TOUR 2009 宇宙一周旅行』の活発な動きを観ていると、ソロ以降ますます魅力的な存在へとなっている。その吉井和哉が初めて人前で歌った日が12月28日であり、2009年はTHE YELLOW MONKEYの生誕20周年でもある。バンドからソロになって、改めて自分は歌っていくのかどうか思い悩んだ時に作った曲として「CALL ME」を熱唱。こうやって自分が苦しんだことも歌にしてしまう精神力に感銘すると同時に、すごく救われる思いだった。

 “知る人ぞ知るで構わない。君たちの魂に伝わる曲、俺にしかできない曲をこれからも作りたい”と音楽活動に意欲を見せる発言、2010年も飛躍の年になることは間違いない。

セットリスト

  1. JUST A LITTLE DAY
  2. ALL BY LOVE
  3. Do The Flipping
  4. LIVING TIME
  5. 黄金バッド
  6. Yer Blues
  7. ウォーキングマン
  8. LONELY
  9. CALL ME
  10. FALLIN’ FALLIN’
  11. I WANT YOU I NEED YOU
  12. 魔法使いジェニー
  13. BLACK COCK’S HORSE
  14. BEAUTIFUL
  15. TALI
  16. ONE DAY
  17. ビルマニア
  18. ノーパン
  19. BELIEVE
  20. ルビー
  21. WEEKENDER
  22. FINAL COUNTDOWN
  23. Shine and Eternity
吉井和哉 プロフィール

ヨシイカズヤ:88年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、92年にメジャーデビュー。01年にバンドが活動休止した後、03年にYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。04年にTHE YELLOW MONKEYが解散。05年6月より初のソロツアー『AT the WHITE ROOM』を実施。06年1月、吉井和哉に名義を変更し、シングル「BEAUTIFUL」で活動を再スタート。14年11月、自身のルーツ・ミュージックをカバーした、初のカバーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』を発表。15年3月、4年振りとなる7thアルバム『STARLIGHT』を発表した。吉井和哉 オフィシャルHP(アーティスト)
吉井和哉 オフィシャルFacebook
吉井和哉 オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着