【school food punishment】『Quatt
ro oneman tour “Next vol.2”』20
10年2月14日 at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:佐藤薫/取材:高木智史

school food punishment初となるクアトロワンマン。開演時間より早めに会場に到着したもののすでに観客がドア付近までいっぱいで、その数はどんどん増えていくばかり。そんな熱気の中、聴こえてきたのは涼やかな鍵盤の音色と心地良い内村友美(Vo&Gu)のヴォーカル。次第に音数が増え、その「butterfly swimmer」はポップに疾走感も伴って突き抜けてゆく。自然とオーディエンスの腕も上がり、暗転前にじっとりと肌に張り付いていた汗が昇華するような爽快感でスタートが切られたのだった。そんなポップな側面、バンド初期の「close down,back to」の深海に潜ったようなディープな側面…これまでの軌跡全ての側面を見せ付け、また未発表曲「パーセンテージ」ではこれまでにないシンプルなバラードも聴かせる。1曲1曲しっかりとした世界観を作りながら、振り切ったライヴは圧巻だった。今宵のsfpはサポートギターとコーラスを含めた6人編成であり、その深い世界観が構築できたのにも頷ける。だが、楽曲の根底にあるエレクトロの柔軟さとバンドサウンドの強靭さの融合が、彼らの楽曲の魅力であることは言うまでもない。「future nova」ではその融合がポップかつダイナミズムを生み、観客は飛び跳ね、フロアは沸騰する。続く「fiction nonfiction」では痛快なビートで踊らせ、「light prayer」で一気に爆発させたのだった。アンコールで告知もあったが、遂に1stアルバムがリリースされる。おそらくこの日のライヴのようなさまざまな側面を閉じ込めた作品になっているのだろう。もちろん、ライヴとしてもこの先どんどんとsfpの音楽性が広がっていくような予感を感じたワンマンだった。

セットリスト

  1. butterfly swimmer
  2. art line
  3. pool
  4. close down,back to
  5. egoist
  6. 煙に白
  7. パーセンテージ
  8. flow
  9. 浮かび上がる 10.future nova
  10. fiction nonfiction
  11. line
  12. you may crawl
  13. light prayer
  14. futuristic imagination
  15. future nova
school food punishment プロフィール

内村友美(Vocal & Guitar)、蓮尾理之(Keyboards)、山崎英明(Bass)、比田井修
(Drums)からなる4人組ロックバンド。
2004年10月結成。新宿を中心としたライヴハウスを中心に活動をスタート。
2008年12月、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース。タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約1週間で完売となる。
2009年1月14日、『Riff-rain』を全国リリースし、3度目の全国ツアーを行う。同年3月、「JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album」に「Brand New Wave Upper Ground」のカヴァーで参加。
そして5月、1stシングル「futuristic imagination」をリリース。school food punishmentオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着