【斉藤和義】『ライブツアー 2009 >
> 2010 “月が昇れば”』2010年3月5
日 at 日本武道館

撮影:六本木泰彦/取材:編集部

ゆら~りぶらり。“いぇ~~い、こんちわぁ いやぁ武道館ですねぇ。前の店のランチがめちゃめちゃおいしくて…”。相変わらずユルい。気負いなんてもんがない。オープニングで立て続けにエッジを効かせ弾けたと思ったら第一声がこれだ。歌うたいは今日もナチュラル。昨年10月に始まったツアーも年をまたぎ終盤戦の山場、武道館。ずっとこの調子で全国回ってきたんだろうな…というか、これが斉藤和義。通称せっちゃんだ(通称の意はファンサイトへ)。だが、このメリハリ乗りが観客の懐に潜り込む。まだツアー中なので細かい流れには触れないが、基本的にはツアータイトルでもあるニューアルバム『月に昇れば』からの楽曲を全て網羅したセットに、マルチな才能で音楽担当した映画『ゴールデンスランバー』の制作秘話を不真面目に触れつつも披露。そして、要所を締める代表曲「歩いて帰ろう」の大合唱、聴かせどころの「歌うたいのバラッド」など幅広く永遠のロック少年ぶりでやんちゃな顔を見せた。また、外面的にはギターイメージの強い彼がピアノを弾き語る姿は、ピアニスト的な上手さはないけど本当に言葉が染み入る。だが反面、話す言葉はエロ満載。合間に挟むMC、クラップを煽るもみもみコール、他多数の放送禁止用語をハズかしげもなく言っても許される希有な存在。まっすぐ捻くれてる。“普通は…”という大人の常識から外れてるけど、“子供だから…”と思ってくれる懐の深いファンやスタッフの皆さんは本当に大人だ。少しうらやましく思ってるんだろうなぁ…既成概念って逆にカッコ悪いんだなって。なんか考えさせられる。そして、解放してくれる。頑張ろうぜ!なんて言いやしないのに。そういえば4月リリースの新曲「ずっと好きだった」も初披露してくれた。さらに、このライヴは5月にDVD化するとも言ってたが、盛り込まれた隠語をどう処理すんだろう? ピ~!
斉藤和義 プロフィール

1966年生まれ、栃木県出身。
小学校6年生の時に母親が買ってくれたアコースティックギターがキッカケで音楽に目覚める。中学・高校とギタリストとしてバンド活動を始め、大学生の時に曲作りも始める。21歳で上京し、その間に数々の経験を重ね、93年「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューを果たす。
以降リリースした「歩いて帰ろう」や「歌うたいのバラッド」は、現在でも様々なアーティスト、そしてファンに愛される楽曲となっている。また、『ゼクシィ』CMソングとして大ヒットした「ウエディング・ソング」や、タケダ『アリナミン』CMソング「やぁ、無情」など、サウンド・メイカーとしての才能を存分に発揮した名曲を次々と生み出している。
そして、08年8月にはデビュー15周年を迎え、リリースしたベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007』は、5週連続TOP5入りの快挙を果たした。公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着