【POLYSICS】『POLYISCSメジャーデビ
ュー10周年スペシャルライブ!!~BUD
OKAN OR DIE !!!!~』2010年3月14日
at 日本武道館

撮影:三吉ツカサ/取材:フジジュン

メジャーデビュー10周年、初の日本武道館公演、結成初期からのメンバー・カヨの卒業とさまざまな意味を含む、『POLYSICSメジャーデビュー10周年スペシャルライブ!! ~BUDOKAN OR DIE !!!!~』。会場を埋める8000人にそれぞれの想いがあったと思うが、「サニーマスター」~「BUGGIE TECHINICA」で始まるライヴハウスの空気をそのまま持ってきたような、いつもと変わらぬ勢いと雰囲気は会場中の気持ちを一瞬でひとつにした。全42曲、3時間。初披露の楽曲含む、新旧織り交ぜた内容はまさにベストイス! 4人は歴史をなぞるように一曲一曲を激しくも丁寧に演奏。武道館の広いステージにバカバカしさ倍増のステージアクションも切れまくる。“トイス!”を連呼し、“ドヒャー!! ボワーッ!!!”と異常なテンションで飛ばしまくるハヤシ。強靭なバンドサウンド、太い低音やピコピコ鳴る電子音にメンバー&観客が踊り暴れ回る武道館は、日本を代表するライヴバンド、POLYSICSならでは。中盤の観せ場は、ヤノが先導する“P・O・L・Y・S・I・C・S”コールで盛り上がった「POLYSICS OR DIE!!!!」、巨大なサークルモッシュに震えた「I My Me Mine」。“さらにハミ出して行こう”と「P!」のへヴィなギターで始まった後半戦は勢いとスピードをぐんぐん増してゆき、「Boys & Girls」で本編終了。「ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ」「カジャカジャグー」などの定番曲で構成された最初のアンコールは肩の力が良い具合に抜け、POLYSICSの本領発揮といった最高のステージアクト! ハヤシの“20周年の時、またこの曲を歌いに来てくれよな”の言葉で始まった「NEW WAVE JACKET」~「Baby BIAS」と、カヨヴォーカルの曲が続いたダブルアンコール。それでも無表情に歌うカヨが、POLYSICSというバンドのひとつ象徴的な存在になっていたことを改めて感じさせられる。“イママデ、アリガトウ。アイ・ラブ・ポリシックス”とロボットボイスで挨拶するカヨの徹底した姿勢に感動する中、2度目の「BUGGIE TECHINICA」で全て終了。メジャーデビュー10年という節目を迎え、新たなスタートを切ろうとするPOLYSICS。これまでの集大成的な素晴らしいライヴに感動したと同時に、ここからの新しいPOLYSICSにも期待せずにいられなかった。

セットリスト

  1. サニーマスター
  2. BUGGIE TECHINICA
  3. PLUS CHICKER
  4. FOR YOUNG ELECTRIC POP
  5. each life each end 6.Digital Coffee
  6. Beat Flash
  7. XCT
  8. ワチュワナドゥー
  9. ウィーダー
  10. Shizuka is a machine doctor
  11. Modern 13.White Snake
  12. 人生の灰
  13. Nice
  14. Eye Contact
  15. 催眠術でGO
  16. Fire Bison
  17. POLYSICS OR DIE!!!!
  18. I My Me Mine 21.COLON
  19. Code4
  20. P!
  21. Tei! Tei! Tei!
  22. E.L.T.C.C.T.
  23. United
  24. URGE ON!!
  25. Rocket
  26. Young OH! OH! 30.Pretty Good
  27. Speed Up
  28. Boys & Girls
  29. ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ
  30. カジャカジャグー
  31. シーラカンス
  32. イズ
  33. アンドロイド
  34. Shout Aloud!
  35. Baby BIAS
  36. Electric Surfin' Go Go
  37. BUGGIE TECHINICA
POLYSICS プロフィール

ポリシックス:1997年3月に結成。結成当初から揃いのバイザー、特異なライヴパフォーマンス、爆音ギターとシンセサイザーやボコーダーなど、コンピューターミュージックを融合させた稀有なサウンドで注目を集める。日本武道館単独公演や250本以上の海外ライヴなど、精力的に活動。結成20周年となる17年、10月に新メンバーのナカムラ リョウを迎え4人体制となり、11月にはニューアルバム『That's Fantastic!』をリリースする。POLYSICS オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着