【UNCHAIN】『One-Man Show “54son
gs/3days” Tour Final』2010年4月
4日 at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:佐々木 睦/取材:ジャガー

これまでに発表してきたオリジナル楽曲に新曲を加えた計54曲を東名阪の3カ所、3日間で披露するというツアーの最終日。この日のUNCHAINは並々ならぬ闘志がたぎっていた。「Sing Out Love」に始まり、序盤から疾走感ある楽曲を並べ、ぐいぐい観客の心へ切り込んでいく。楽曲同様のスマートさはありながらも人間味があって、バンドのテンションの高さが露骨に浸透していたように思う。そんなジャズ、ソウル、ロック等を昇華したUNCHAINサウンドを熱気に満ちたフロアで聴くと格別だ。また、本編でalaから新井裕樹と佐藤誠士、アンコールではFRONTIER BACKYARDといった面々が華を添え、大いに盛り上がったことは言うまでもない。七夕には3rdアルバムの発売もあり、彼らの攻めの姿勢はこれからさらに続いていく。

セットリスト

  1. Sing Out Love
  2. Higher
  3. Farewell blossom
  4. Signs Of Spring
  5. Summer Groovin'
  6. Fly In The Blue Moonlight
  7. Inspire of life
  8. departure
  9. THE SONG RING OUT
  10. Last Piece
  11. WE'VE GOT SOMETHING(新井裕樹&佐藤誠士 from ala)
  12. 新曲Goofy(仮)
  13. Light Your Shadow
  14. stillness in the wind
  15. Life Is Wonder
  16. Let Me Be The One
  17. Gravity
  18. Show Me Your Height
  19. Don't Stop The Music(UNCHAIN×FRONTIER BACKYARD)
  20. make it glow
UNCHAIN プロフィール

1996年に結成された京都出身のロック・バンド。2005年6月、1stミニ・アルバム『the space of the sense』でインディーズ・デビュー。2007年1月には、3rdミニ・アルバム『departure』でメジャー進出を果たす。ロック、ポップスはもちろん、ジャズやR&B、ソウル、ファンクなどさまざまなサウンドを飲み込み、独自のグルーヴで奏でる美メロ・ナンバーの数々。そして、愛や孤独を歌った切ない詞世界が話題を呼ぶ。2008年3月にリリースした1stフル・アルバム『rapture』は、全編英詞でグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作となり、各方面から絶賛される。同年秋からは11月に「Across The Sky」、12月に「stillness in the wind」、2009年1月に「Brighter Days」とバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作をリリース。2010年7月、3rdアルバム『Hello, Young Souls!!』を発表。2011年4月には、UNCHAINの2大ルーツであるロックとソウルをコンパイルしたコンセプト・ベスト・アルバム『Rock Flavour』と『Soul Flavour』を同時リリース。2013年2月にカヴァー・アルバム『Love & Groove Delivery』を発表すると、2014年2月に第二弾『Love & Groove Delivery Vol.2』、そしてデビュー10周年を迎えた2015年にも2月に第三弾『Love & Groove Delivery Vol.3』をリリースした。また、2015年6月には014年グラミー賞を受賞したサウンドエンジニア Sadaharu Yagiを迎え、L.Aでレコーディングした初のリメイク・ベスト・アルバム『10fold』を発表。2016年3月には8枚目のフル・アルバム『with time』をリリース。UNCHAIN Official Website
Facebook
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着