【レミオロメン】『レミオロメン 10
th Anniversary TOUR 2010 花鳥風月
』2010年5月31日 at 渋谷C.C.Lemonホ
ール

取材:ジャガー

筆者の中でのレミオロメン像が大きく打ち砕かれた…それよりも、“上回った”と言ったほうが正しいのかもしれない。藤巻亮太という存在の強いヴォーカリストを核にして広げていく壮大な世界観。激しさだけを求めるロックではなく、誰が聴いても胸を打つ要素を兼ね備える上質なサウンドで楽曲やライヴに臨む。しかし、今日のライヴは上記の点に付け加え、メンバーの気迫や熱量が凄まじかった。初のセルフプロデュース作品であり、己を見つめ返したことで当たり前が当たり前であることの喜びや幸せを詰め込むことができた、アルバム『花鳥風月』を体現する本ツアー。“きれいなかたちで届ける”のではなく、“今の自分は何を思い歌っているのか? 演奏しているのか?”という感情的な部分が濃厚に映し出され、これまで以上に躍動感に満ちている。それを受けてかオーディエンスも彼らに負けないぐらいの興奮状態で、“盛り上がりがすごい”とメンバーが唸るほど。序盤から体当たり勝負、楽しくて仕方がないといった表情を浮かべながらキラーチューンを連発! ジャキジャキとした音を鳴らすギターや快活なドラム、手綱を締めるベースの絡みが気分を高揚させる。また、サポートキーボードの皆川真人、ギターの河口修二とレミオロメンの一体感も見どころのひとつではないだろうか。もちろん、楽器だけが先行するのではなく、しっかりと歌を届ける楽曲では藤巻の歌声に集中する観客の姿があった。
 まだツアーは始まったばかりなのに、この迫力…。最終日にはどんな姿になっているのか、結成10年になろうとレミオロメンが歩みをゆるめることはないようだ。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
レミオロメン プロフィール

00年12月に、小・中・高と同級生だった藤巻亮太(vo&g)、前田啓介(b)、神宮司治(dr)によって結成。バンド名に特別な意味はなく、ジャンケンで勝った順に1文字、2文字、3文字出してゆき言葉をつないだものだという。03年3月にリリースした1stミニ・アルバム『フェスタ』がレコード店のインディーズ・チャートで軒並み上位を記録し、その名を広く轟かせる。8月にはシングル「電話」でメジャー・デビューを果たし、以後1stフル・アルバム『朝顔』、シングル「3月9日」、アルバム『ether [エーテル] 』などをリリースし、05年3月9日に新人バンドとしては異例の日本武道館公演を成功させた。そして、彼らの代表曲として国民的ヒットを記録した「粉雪」を05年11月にリリース。
彼らの持ち味は、日本語の感触に重きをおいた詞作と、3ピースによるシンプルでありながらダイナミックなバンド・アンサンブル、そして、ノスタルジックなメロディだろう。「粉雪」の後も「太陽の下」「蛍/RUN」「夢の蕾」などスケールの大きい楽曲を次々と生み出し、トップ・アーティストとして活躍を続けている。レミオロメン オフィシャルHP(アーティスト)
レミオロメン オフィシャルHP(レーベル)
レミオロメン オフィシャルYouTube
Wikipedia
藤巻亮太 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』