【くるり】『くるりライブ興行2010
~地獄の団体戦~』2010年6月2日 at
NHKホール

撮影:古渓一道/取材:土内 昇

表題曲に対して実験的で遊び心が満載のカップリング曲。くるりのカップリングベスト『僕の住んでいた街』がオリコンチャートで1位を獲ったというニュースを聞いて、実に彼ららしいと思った。そして、その作品を引っ提げた本ツアーの東京公演1日目。1曲目の「東京レレレのレ」の演奏が始まった瞬間に、スペクタクル(?)な空間が会場を包み込む。どこか沖縄的であり、それでいて無国籍風で、高揚感やお祭り感があって現存のポップスでは説明不可能だが、ロックであることだけは確実で、くるりらしく開放的で…そんな“異空間”に観客を引き込んだ。その後も3ピースという編成で繰り出される、巷に流行るJ-POPやJ-ROCKとは一線を画したストイックなロックナンバーが異空間の深みへと聴く者を誘うと、いきなり新曲が4曲続けてプレイされる。ゆるさとピースフルな空気を漂わせる新曲たちは、かつてのフォークロックやブリティッシュロックのような大らかさやロック臭さを醸し出しながらも、くるりならではの自由度や生活感を感じさせた。そして、「ガロン」や「イメージファイト」などがさらにディープな空間を作り上げると、7月リリースの新曲「魔法のじゅうたん」、初めてライヴで演奏するという「地下鉄」など独特の世界と空気を持った楽曲も披露された。このカップリング曲中心のライヴを観終えての印象も、説明不明なサウンドでもポップスとして昇華しているのがくるりの曲の醍醐味であり、そこからは彼らの“ロックが好きだ!”という思いがにじみ出ているということだった。これにくるりファンはもとより、ロック好きが反応しないはずがない。さすが、オリコン1位!

セットリスト

  1. 東京レレレのレ
  2. ノッチ5555
  3. サンデーモーニング
  4. 温泉
  5. さよならアメリカ
  6. 麦茶
  7. 目玉のおやじ
  8. ガロン
  9. イメージファイト
  10. BLUE NAKED BLUE
  11. ギター
  12. The Veranda
  13. さよなら春の日
  14. すけべな女の子
  15. ベーコン&エッグ
  16. pray
  17. 魔法のじゅうたん
  18. 地下鉄
  19. サマースナイパー
  20. 尼崎の魚
くるり プロフィール

1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル『ロック・コミューン』にて結成。98年10月にシングル「東京」でメジャー・デビューし、99年4月にメジャー1stアルバム『さよならストレンジャー』をリリース。以降、コンスタントに作品リリースを続け、03年には映画『ジョゼと虎と魚たち』の全編に渡る音楽監修を務め、10月にテーマ曲「ハイウェイ」を収録したオリジナル・サウンドトラック『ジョゼと虎と魚たち』を発表。05年9月、京浜急行電鉄テーマソングとしてTVCMで使用された16thシングル「赤い電車」を発売。また、同し年には岸田繁(Vo)、佐藤征史(Ba)がCocco、堀江博久、臺太郎とともにSINGER SONGERを結成。デビューシングル「初花凛々」やアルバム『ばらいろポップ』を発売するなど話題を集めた。06年7月、初のベストアルバム『ベスト オブ くるり/TOWER OF MUSIC LOVER』を発表。さらに07年6月には、邦楽ロックバンドとしては史上初の試みとなったウィーンレコーディングを敢行し、パリでMix作業を行なった7thアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』を発表。同年より、くるり主催の野外フェス『京都音楽博覧会』をスタートさせる。翌年には第2回目が開催され、今や夏に欠かせない人気の野外イベントとなっている。09年2月リリースのシングル「三日月」が初のドラマ主題歌に起用され、6月にアルバム『魂のゆくえ』を発表。10年5月にキャリア初となる歌詞集『くるり詩集』を上梓し、9月に全曲国内レコーディングで制作されたアルバム『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』をリリース。11年には映画『まほろ駅前多田便利軒』や『奇跡』に楽曲を提供し、6月に自身2作目となるベストアルバム『ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER 2-』を発表した。12年3月に石川さゆりのオファーを受け、「石巻復興節」を制作。同年7月にはアルバム『坩堝の電圧』(12年9月発売)の先行シングル「everybody feels the same」(12年8月発売)のリリースを記念し、8年ぶりとなるフリーライヴ『QURULI FREE LIVE at YOYOGI 2012~everybody feels the same~』を行なった。13年10月に「Remember me」、12月に「最後のメリークリスマス」とシングルを発表。そして、デビュー15周年となる14年は、全47都道府県のライヴハウスを巡るツアー『DISCOVERY Q』を実施。また、同年10月公開の映画『まほろ駅前狂騒曲』の主題歌に新曲「There is (always light)」が起用されることが発表し、同曲も収録したアルバム『THE PIER』を9月にリリース。くるり オフィシャルHP
くるり オフィシャルTwitter
くるり オフィシャルFacebook
くるり オフィシャルYouTube
くるり オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着