【UNISON SQUARE GARDEN】『“JET C
O.” TOUR 2010 ~2nd album releas
e tour~』2010年6月18日 at SHIBUY
A-AX

取材:tsukasa miyoshi/取材:高木智史

2ndアルバム『JET CO.』を引っ提げて行なってきたツアーのファイナル。先のインタビューで田淵智也(Ba)は、そのアルバムでバンドの考えていることを示したかったと語っていた。バンドの意志を示すべく音を鳴らすユニゾンの3人、それに応えるオーディエンス…両者の感情が結実したものすごいアクトだった。アルバムと同じく「メッセンジャーフロム全世界」でスタートし、中盤までほぼノンストップ。次々と畳み掛けられるキャッチーで攻撃的な楽曲に、オーディエンスは腕を振り上げっ放しだ。斎藤宏介(Vo&Gu)はマイクを喰らうかのような勢いで歌い、一瞬たりとも気を緩めない。鈴木貴雄(Dr)は楽曲の感情を司るべく激しさや穏やかさを見せ、突き抜けるほどのポジティブさにみなぎるポップチューン「ライドオンタイム」では田淵がオリジナリティーあふれるステップでステージを駆け巡る。メンバー個々が思い思いの感情で鳴らす音が絶妙というべきアンサンブルとなる彼らのバンドサウンド。それはやはり驚異で、目の当たりにすると体の隅々から力が沸き起こってくるかのように興奮する。そして、アンコールで田淵はバンドの意志を伝える。“音楽は非日常のものだと痛感したツアーでした。音楽で日常の楽しさがより楽しくなった気がするし、辛い日常が救われた気もするし。だから、もう少しだけこの楽しい非日常を楽しみましょう!”。この声を受け、大歓声に沸くフロア。田淵は“世界は変わる”ということも常に口にしている。これが観客にとって非日常かもしれないが、間違いなく、その人ひとりひとりの世界が変わった瞬間だっただろう。圧倒的なパフォーマンスと強い意志がかたちとなった充実のファイナルだった。

セットリスト

  1. メッセンジャーフロム全世界
  2. コーヒーカップシンドローム
  3. カラクリカルカレ
  4. チャイルドフッド・スーパーノヴァ
  5. キライ=キライ
  6. meet the world time
  7. ライドオンタイム
  8. マスターボリューム
  9. 空の飛び方
  10. 夜が揺れている
  11. 気まぐれ雑踏
  12. 箱庭ロック・ショー
  13. cody beats
  14. アイラブニージュー
  15. MR.アンディ
  16. フルカラープログラム
  17. 23:25
  18. スノウアンサー
  19. サンポサキマイライフ
  20. ガリレオのショーケース
  21. クローバー
  22. センチメンタルピリオド
UNISON SQUARE GARDEN プロフィール

ユニゾン・スクエア・ガーデン:2004年に結成。05年のデモCD『流星行路』のリリースを皮切りに、東京・下北沢を拠点としたライヴ活動を行なう。自主企画イベントやライヴ会場での手売りCDなどを通して、着実に名を広め、08年に1stシングル「センチメンタルピリオド」でメジャーデビュー。透明感にあふれながらも個性的なトゲを持つヴォーカル、エッジが効いたコンビネーション抜群のバンドアンサンブル、キャッチーなメロディー、鮮烈なライヴパフォーマンスで右肩上がりにセールスと動員を伸ばす。15年7月、結成10周年を記念したアルバム『DUGOUT ACCIDENT』をリリース。同月には、初の日本武道館での単独公演を開催した。UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルHP
TOY’S FACTORY
UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルTwitter
UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着