【GO!GO!7188】『Go!!GO!GO!Go!!Tou
r』2010年8月7日 at SHIBUYA-AX

撮影:米田晋治/取材:高木智史

怒号のような“Go!!GO!GO!Go!!”というアルバムタイトルさながらのコールで始まったツアーファイナル。M-ON!での生中継が入っていたということもあり演出もド派手だったが、のっけから「リフレイン リフレイン」「耳たぶ2号」とヘヴィでエッジー、ハイテンションなナンバーにオーディエンスはお祭り騒ぎで踊る。中盤ではそんな熱気を物ともせずユウ(Gu&Vo)が“猛暑ですね~”とゆる~くご挨拶。自称グズグズのプロというユウのMCもGO!GO!7188のライヴの醍醐味。再びアッコ(Ba&Vo)が“渋谷~!”とかまし、「365連休ブギ」ではターキー(Dr&Vo)がヴォーカルをとる。総力戦でライヴを熱くするのだった。ラスト前、アッコは“去年、病気になって今ライヴができることの大切さを理解した”と語った。その言葉通り、迷いとか雑念の一切ない渾身のアクトだった。

セットリスト

  1. エオエオエ
  2. リフレイン リフレイン
  3. サンダーガール
  4. 最後の晩餐
  5. 耳たぶ2号
  6. シュガー&スパイス
  7. くつ下の穴
  8. on the まゆ毛
  9. あしのけ
  10. 毒リンゴ
  11. 楽園のおはなし
  12. バラード
  13. 365連休ブギ
  14. 浮舟
  15. まやかしの世界
  16. ええじゃないか
  17. アンテナ
  18. Noyhing2
  19. 今日の歌
  20. 隙間
  21. ジェットニンジン
  22. 太陽
GO!GO!7188 プロフィール

中島優美(g&vo)、浜田亜紀子(b&vo)、ターキー(dr)から成るGO!GO!7188(ごーごーなないちはちはち)。もっとも原始的な3ピースという編成で、サーフ・ロック風のギター・リフとGS〜歌謡曲を通過したようなメロディを装填した、パンク・マシンガンをブッ放す。ストレートでありながらシュール、シュールでありながら懐かしい歌詞も、オール世代のハートを焦がしてやまない。00年6月、シングル「太陽」でデビュー。以降ハイペースに作品を輩出し続けている。威風堂々とした重量感、パンキッシュな威勢のよさ、艶っぽいメロディ、実に今時なあっけらかんとした歌いっぷり——古今東西のロックのシビレ要素が縦横無尽にミックスされているGO!GO!節は、益々もって快調だ。GO!GO!7188 Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。