【カミナリグモ】『GO TRAIN,SHINE
THE NIGHT! TOUR [TOUR FINAL ONEMA
N]』2010年9月4日 at 下北沢CLUB Qu
e

取材:土内 昇

安定感抜群のリズム隊と作り上げる力強いバンドサウンド。そこにフレーバーのように成瀬篤志の浮遊感漂うキーボードが加わり、上野啓示(Gu&Vo)が少年のような高い歌声で幻想的な詩世界を描いていく。それはまるで小学校の時に図書室で出会ったさまざまな物語を彷彿させ、いつしかフロアはファンタスティックな空気に占拠されていた。また、久々のワンマン公演ということで新旧さまざまな楽曲が披露されたのだが、その主人公たちに共通した人格を感じつつ、そこに自身を投影させながらファンタジーとノスタルジーが交錯する楽曲に入り込んでいる自分に気付いた。しかし、それは他の観客も同じだ。楽曲の世界に浸って心地良さそうに体を自由に揺らしている、その表情が全てを物語っている。ある意味、それがカミナリグモのライヴの醍醐味だとも言えるだろう。

セットリスト

  1. 20号
  2. ソファ
  3. 鳩とシャボン玉
  4. ローカル線
  5. 流れ星を待つよ
  6. それはある日の出来事
  7. キミだけのカーテンコール
  8. 春のうた
  9. SKIP
  10. 王様のミサイル
  11. こじあける
  12. こわくない
  13. サワー
  14. ゆらゆら魔法が溶けただけ
  15. バスと占い師
  16. 月日ノート
  17. 夕立のにおい
  18. 美しい世界
カミナリグモ プロフィール

カミナリグモ:2002年に上野を中心に活動開始。弾き語り、バンドなど形態にとらわれずに活動を続け、07年にサポートだった成瀬が正式加入。独特の歌声と詩世界、サウンドの空気感が聴く者を魅了する。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着