【大知正紘】『Show Case LIVE』201
0年10月14日 at mother kurkku

撮影:Driftwood Records/取材:編集部

人の気持ちが発した想いが届く距離って、どのくらいなんだろう? 言葉にして音声として届くもの、コレは限界があるだろう。だけど、ポツリと呟いただけなのに心に深く刻まれるもの、コレには際限がない。大知正紘の発するものは確実に後者だ。“つながり”をテーマにリリースされた「手」。今回行なわれた招待制のShow Case LIVEに集まったのは、既に彼の心にシンクロした人たち。目深にかぶったハットは、表情を覆い隠す。人は情報の大半を視覚から得ているし、ライヴだから当然、観たい。ただ、観えないから、より深く感じる思いがあるのも事実だ。“やさしさ”って意味を、万人に説明できる言葉は存在しない。大知正紘が紡ぐ種まきは始まったばかりで、大輪の花が咲くのは、まだまだ先だろう。だけど、彼の憂い声が心根に植え付ける種は、きっと枯れることのない花に育つと信じられた。
大知正紘 プロフィール

オオチマサヒロ:平成3年生まれ、三重県出身。未完成な世界に散らばった、言葉の力を信じる20歳。小林武史がプロデュースを務め、2010年3月にデビュー曲「さくら」を発表した。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着