【SUPER LIGHT】『SUPER LIGHT LIVE
~extra~』2011年2月5日 at 原宿ア
ストロホール

撮影:山口 渚/取材:石田博嗣

GARNET CROWのギタリストである岡本仁志のソロプロジェクトが待望のライヴを行なった。ハードロック気質のリズム隊が繰り出す屈強なグルーブにドライなギターを絡め、そのまま重厚なバンドサウンドを作り上げると思いきや、マニピュレータが彩りを加え、時にオートチューン処理されるウエットなヴォーカルと切なげなメロディーが重なった良質のギターポップを聴かせる。アルバム『Now Printing...』もそうだったが、そんな天の邪鬼的なところがSUPER LIGHTの面白さであり、岡本らしさだ。逆に、それだけ個性が強いということであり、遊び心とセンスにあふれる独自の音世界が観客を飲み込んでいたことは言うまでもない。また、緩く和やかな空気が終始漂っていたのも、彼の人柄が成せる業。洗練されたポップスと、心地良い時間を満喫したライヴだった。

セットリスト

  1. Don't Let Go
  2. Dime La Verdad
  3. 海鳴り
  4. 静寂の間に
  5. Say Something
  6. Res-no
  7. Autumn Sky
  8. Tonight
  9. No matter what
  10. Nowhere Near
  11. joyride (Re:ASAP)
  12. 千以上の言葉を並べても…
  13. First fine day
  14. Lose My Breath
  15. LOST CHILD
SUPER LIGHT プロフィール

スーパーライト:GARNET CROWのギタリストである岡本仁志のソロプロジェクト。時代に左右されない、自然体かつ繊細でカラフルなサウンドが各方面で高評価を得ている。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着