【GLAY】『GLAY LIVE TOUR 2010-201
1 ROCK AROUND THE WORLD』2011年2月
6日 at さいたまスーパーアリーナ

取材:土内 昇

 自らのレーベル“loversoul music& associates”を設立してリリースした、3年9カ月振りのアルバム『GLAY』。さまざまな想いを詰め込んだ、その渾身のアルバムを引っ提げてのツアーが最終公演を迎えた。昨年11月から続く全国アリーナツアーのファイナルに相応しく、デビュー17年目に突入したバンドの決意や意志、音楽を発信し続ける理由…まさに、現在のGLAYを垣間見ることができたライヴ。ダイナミックなグルーブが会場を揺るがした「ビリビリクラッシュメン」や客席全体でタオルが旋回した「AMERICAN INNOVATION」、場内のボルテージをMAXにまで引き上げた「ACID HEAD」などアッパーなナンバーで2万人を沸かし、ハートフルなバラード「Precious」や「Apologize」では深く感動を誘ったステージを観ていて、彼らがデビューアルバムに“SPEED POP”と、大きく飛躍した3rdアルバムには“BELOVED”をタイトルに掲げていることを思い出した。良質なメロディーと尖鋭なビート感を持ったロックチューンはGLAYの武器であり、胸に染み入るバラードも魅力であることは現在も同じだ。実際、“ロックとバラードができる、黒と白が混ざったグレイでいたい”とTERU(Vo)も語っていたし、それはデビュー時から彼らの音楽に対する姿勢が変わっていないことを意味している。また、“GLAYの音楽を通して笑顔になってほしい”と何度も口にしていたTERU。そこが一番ブレていないからこそ、こんなにもアットホームな空間が生まれるのだとも実感。特にGLAYからの感謝のメッセージが込められたオーラスの「BELOVED」での観客の笑顔が、彼らの音楽が全員にしっかりと届いていることを物語っていた。

セットリスト

  1. SE~
  2. シキナ
  3. 汚れなきSEASON
  4. ビリビリクラッシュメン
  5. WASTED TIME
  6. Cynical
  7. 口唇
  8. 遥か・・・
  9. Precious
  10. 風にひとり
  11. AMERICAN INNOVATION
  12. SE~
  13. 週末のBaby talk
  14. Apologize
  15. 時の雫
  16. Satellite of love
  17. FAME IS DEAD
  18. 誘惑
  19. 彼女の“Modern…”
  20. GREAT VACATION
  21. Chelsea
  22. <ENCORE>
  23. 月の夜に
  24. SHUTTER SPEEDSのテーマ
  25. ピーク果てしなく ソウル限りなく
  26. ACID HEAD
  27. BELOVED
GLAY プロフィール

グレイ:1988年にTERUとTAKUROを中心に結成し、94年にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。デビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。25周年アニバーサリーイヤーの2019年~2020年にかけては『GLAY DEMOCRACY』というテーマを掲げ、7つの公約を発表。メットライフドームでの大型ライブ、15枚目のオリジナルアルバム『NO DEMOCRACY』のリリース、3カ月に渡り全国19公演19万人を動員したアリーナツアーの開催など、さまざまな活動を精力的に展開した。GLAY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着