【a flood of circle】『X DAY 2011
0406:単独極東上陸作戦決行日』201
1年4月6日 at Shibuya O-EAST

撮影:岡村直昭/取材:土内 昇

“宣戦布告”。終演後の余韻と一緒に、その言葉が頭の中に残った。結成5周年という節目に突入する2011年の初ワンマンではあるが、“新生afoc”の初ワンマンでもある。しかも、この5年はバンドにとって紆余曲折どころか波乱万丈で、かなり激動だった。それを乗り越えての“現在”があり、MCでも佐々木 亮介(Vo&Gu)が“この5年の激動ぶりたるや…。ちょっとやそっとじゃへこたれません”と頼もしく言い放っていた。
 もちろん、ライヴは1曲目からテンションが高い。「Miss X DAY」のスリリングなイントロダクションが開演の時を待ち望んでいた観客に火を付け、そのソリッドなサウンドで高揚感を引き上げていくさまは圧巻だった。また、ダイナミックなビートを叩き付けるドラムの渡邊一丘、饒舌なフレーズを操るサポートギターの曽根 巧、直情的で攻撃的な歌声を轟かせる佐々木という暑苦しい野郎3人に対して、新加入のHISAYOが躍動感のあるベースで寡黙ながらも存在感を放っていたのも見逃せない。攻めの姿勢でヒリヒリとしたロックサウンドを繰り出すafocと、それを受けて尋常じゃない熱気を発する観客。その攻防は新曲が3曲も披露されようがクールダウンするはずがなく、ルーツロックの流れを汲んだブルージーで泥臭いナンバーがプレイされても、両者のテンションは無制限に上昇し続けていく。となれば、終盤の盛り上がりは想像に容易い。投下されるエモーショナルなナンバーにバンドも客席もエキサイトし、オーラスの「春の嵐」では場内にオイコールが響いた。新生afocの快進撃を予感させるライヴだったことは言うまでもない。ここからafocの逆襲が始まるのだ。

セットリスト

  1. (teenage)Disaster
  2. Black Market Blues 3.Cold Edge
  3. Living Dying Message
  4. 新しい光
  5. Bone To Love You
  6. Wanderland
  7. Discommunication
  8. キャンドルの灯を
  9. Supernova
  10. Lovecall From The World
  11. Termination
  12. The Revolutionary
  13. Talking Machine
  14. Punishment
a flood of circle プロフィール

佐々木亮介(vo&g)、石井康崇(b)、渡邊一丘(dr)からなる3人組ロック・バンド。06年にa flood of circle(ア・フラッド・オブ・サークル)結成。下北沢、渋谷を中心にライヴ活動を開始。ブルース/70年代のロックをルーツとした重厚かつフリーキーなサウンドに、佐々木の圧倒的なヴォーカルを加えた他に類をみない独自のスタイルを追求する。

早熟な音楽センス、そして卓越したライヴ・パフォーマンスには定評があり、新宿LOFTや下北沢SHELTERを拠点に全国ツアーを展開。『FUJIROCK FESTIVAL'07』にも出演し圧巻のステージを披露、LIQUID ROOM ebisuで開催された『FUJIROCKアフターパーティー』にも大抜擢される。

07年7月に1stミニ・アルバム『a flood of circle』を、08年5月に2ndミニ・アルバム『泥水のメロディー』をLOFT PROJECT発信のインディーズ・レーベル<CRUX>より発表。続く08年秋には、異例となる3ヶ月連続でライヴ音源をリリースし、08年の年末に開催された『COUNTDOWN JAPAN 08/09』にも出演。

09年4月、<ビクターエンタテインメント>内に所属する<SPEEDSTAR RECORDS>から1stフル・アルバム『BUFFALO SOUL』でメジャー・デビューを果たし、a flood of circleという名が着実に全国へと飛び火中である。a flood of circleオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着