【PENICILLIN】『TOUR 2011 WILL ∞
』2011年4月10日 at 赤坂BLITZ

取材:高木智史

震災の影響で一部公演を見合わせていた本ツアーだが、大阪、名古屋と開催し、赤坂BLITZでファイナルを迎えた。昨年自主レーベル“THAT RECORDS”を立ち上げ、来年には結成20周年を迎えるPENICILLIN。最新作『WILL』のインタビューでも語ってくれたが、彼らは19年という経験値を持ってしてさらなる音楽性を追求している。それが約3時間の中に一心に込められたライヴだった。例えばハードロック、メタルのアプローチを見せるサウンドでJ-POP的なメロ、歌がひと際耳を惹く「Rosetta」。また、バイオリンを加えダークなサウンドだが前向きなメッセージを込めた「100年」、さわやかでポップな面を持つ「南十字星」。貪欲にさまざまな音楽を取り込み、楽曲ごとにはっきりと創り上げた世界観でオーディエンスを魅了していた。そして個人的に刺激を受けたことは音がものすごくデカイこと。それは純粋にロックバンドとして音楽を謳歌しているからこそのものだろう。そんな彼らの高いボルテージを受けて感情がアガらないわけがない。オーディエンスもダブルアンコールでの「ロマンス」では大合唱を起こし、「God of grind」ではヘドバンの嵐を巻き起こし、感情を露にするのだった。MCではメンバーがそれぞれ語る一幕もあり、ひとえにこの震災を受けて改めてライヴで楽しめることの素晴らしさを語ってくれた。そして、冒頭の見合わせていたライヴも振替公演となって決定。さらに追加公演として、再び東京はキネマ倶楽部で2デイズを開催! 20周年の第一弾としてベスト盤リリースの発表もあり、ますます精力的なPENICILLINに目が離せない!

セットリスト

  1. WILL
  2. Rosetta
  3. 天使よ目覚めて
  4. 夢現激
  5. No Control
  6. Little Grey
  7. JUMP♯1
  8. 100年
  9. 南十字星
  10. CRASH 11.熱体夜
  11. marionette
  12. ENGAGING VICE
  13. BLACK HOLE
  14. DEATH DANCE
  15. NEW FUTURE
  16. 最後の手紙
  17. WARP
  18. Limelight
  19. ロマンス
  20. God of grind
PENICILLIN プロフィール

ペニシリン:1992年結成。インディーズ時代からルックスの良さ、異常な盛り上がりにより失神者が続出するライヴが話題となり、レコード会社3社から同時にCDをリリースする。96年にメジャーデビューし、武道館公演を成功させると、98年には代表曲となる「ロマンス」をリリースし、90万枚を超える大ヒットを記録した。2017年に結成25周年を迎え、9月にミニアルバム『Lover’s Melancholy』を発表。PENICILLIN オフィシャルHP
PENICILLIN オフィシャルTwitter
PENICILLIN オフィシャルFacebook
PENICILLIN オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着