【UNISON SQUARE GARDEN】UNISON SQ
UARE GARDEN presents『fun time HO
LIDAY 3』2011年4月21日 at 恵比寿L
IQUIDROOM

撮影:小川 舞/取材:高木智史

“音楽を愛してくれる人、ひとりひとりの間に楽しい時間が生まれればと思って”(斎藤宏介 Vo&Gu)という思いから始まった当イベント。この日迎えたTHE BACK HORNが感情を揺さぶるような魂のこもったライヴを繰り広げた後、ユニゾンが登場。まずインストで助走し、「ギャクテンサヨナラ」でいきなりフロアを揺らしにかかる。これまでのライヴなら後半に披露していた「MR.アンディ」も序盤にプレイし、ファンのテンションもいきなり最高潮。まさに“楽しもう!”と語った通りの欲求に忠実なイベントだった。また、アンコールでは8月20日に日比谷野外大音楽堂でのワンマンを発表。そしてその後、披露した新曲は荒々しく、とてつもなく大きなスケールを持ち、思わず身震いしてしまうほどのものだった。どこか新しさも感じられただけに、野音ではその全貌が観られるかも!? 今から楽しみだ。

セットリスト

  1. ギャクテンサヨナラ
  2. kid,I like quartet
  3. MR.アンディ
  4. 箱庭ロック・ショー
  5. スカースデイル
  6. 気まぐれ雑踏
  7. 場違いハミングバード
  8. cody beats
  9. オリオンをなぞる
  10. 23:25
  11. ガリレオのショーケース
  12. カウンターアイデンティティ
  13. プロトラクト・カウントダウン
  14. フルカラープログラム
UNISON SQUARE GARDEN プロフィール

ユニゾン・スクエア・ガーデン:2004年に結成。05年のデモCD『流星行路』のリリースを皮切りに、東京・下北沢を拠点としたライヴ活動を行なう。自主企画イベントやライヴ会場での手売りCDなどを通して、着実に名を広め、08年に1stシングル「センチメンタルピリオド」でメジャーデビュー。透明感にあふれながらも個性的なトゲを持つヴォーカル、エッジが効いたコンビネーション抜群のバンドアンサンブル、キャッチーなメロディー、鮮烈なライヴパフォーマンスで右肩上がりにセールスと動員を伸ばす。15年7月、結成10周年を記念したアルバム『DUGOUT ACCIDENT』をリリース。同月には、初の日本武道館での単独公演を開催した。UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルHP
TOY’S FACTORY
UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルTwitter
UNISON SQUARE GARDEN オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着