【UNLIMITS】『トランキライザー TO
UR 2011』2011年6月4日 at Shibuya
O-WEST

撮影:H.and.A/取材:ジャガー

UNLIMITSをまだ知らない新しい仲間たちへ視野を広げたアルバムとなった『トランキライザー』。良い意味で想像を裏切られた出来映えに、そのアルバムを携えてのツアーは一体どうなるのか? 観客の期待値も跳ね上がり、最終日は見事にソールドアウトした。
 “UNLIMITS、始めます”と清水葉子(Vo&Gu)が宣言すれば、静まり返った場内に「偽りの世界」が爆音で轟き、オイコールが沸き上がる。1曲目からフルスロットルで攻め立て、熱気が上昇していくまま「シャットアウト」へ。それまでの激情的な楽曲とは一転、爽快なメロディーに癒される。「粉雪のメロディー」では、大月義隆(Gu)の流麗なアルペジオが曲に奥行きを出し、石島直和のグルービーなベースと郡島陽子の軽快なドラムのリズム隊がサウンドの要になって世界観を構築していく。そして、哀愁、狂喜、感動、衝動を全て混ぜ込んで、一気に吐き出す清水の歌声に胸の奥が熱くなる。初披露された新曲「ハルカカナタ」は、突き進んでいく活力にあふれていた。一体感を高めた「ハロー」から煽りまくって「蒼」へ続く流れは鳥肌もので、“自分たちのやりたいことを貫く”とMCで語っていたように、メンバーひとりひとりの想いがあふれ出し、その想いと熱のこもった一音一音になっていたように思う。
 アンコールでは清水がひとりで舞台に立ち、アコギを片手に弾き語りで「願い」を歌い、再びメンバーがそろったところで大合唱から始まった「フランジア」、さらにダブルアンコールにも2曲応え、最後にはその場にいる誰もがとびきりの笑顔を見せていた。

セットリスト

  1. 偽りの世界
  2. ループ
  3. シャットアウト
  4. 孤独へのシグナル
  5. ディスコード
  6. 粉雪のメロディー
  7. α
  8. 暗闇ノイローゼ
  9. 月アカリサイレース
  10. 白い太陽
  11. クローバー
  12. 雨音
  13. ライムライト
  14. さよならバタフライ
  15. ハルカカナタ(新曲)
  16. 茜唄
  17. 帰り道
  18. 道しるべ
  19. ハロー
  20. パズル
  21. 願い(アコースティックver.)
  22. 七月の風
  23. フランジア
  24. サヨナラの跡
  25. 七色の記憶
UNLIMITS プロフィール

アンリミッツ:激しく、切なく、真っ直ぐに突き刺さるヴォーカルと哀愁漂うメロディーライン、そして清水葉子と郡島陽子のコーラスワークを武器とするライヴバンド。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着