【G-YUN】『G-YUN LIVE TOUR 「Get
The Message」』2011年6月17日 at 渋
谷CHELSEA HOTEL

撮影:権代光博/取材:高木智史

“帰って参りました! G-YUNです!”。GOLLBETTY解散後、5月10日にシングル「Message」をリリースし、ソロとしてのキャリアをスタートさせたG-YUN。それを引っ提げての東名阪ツアー、ファイナル! 1曲目「Message」から会場パンパンに集まったオーディエンスをグイグイ煽りまくって飛ばす飛ばす。約1年振りのライヴとあって、ステージに上がるまでにとてつもない緊張や不安があっただろう。だが、それに飲まれまいと全身でパフォーマンスし、声を上げ、負の感情に真っ正面からぶつかる彼女の姿が会場の熱気をどんどん引き上げていく。“音楽に助けられて今、私はここに生きていられてる。だから、これからも続けていきたい”と語った通り、自分の道をはっきりと前に見据えた力強い意志や覚悟を見せた熱いライヴだった。そして、8月23日には待望の1stアルバムがリリースされる。

セットリスト

  1. Message
  2. JUST LIKE YOU
  3. American Cherry Girl
  4. Queen Bee
  5. 素足で踊り渡るRAINBOW
  6. 真夜中にヒトツ
  7. I feel U.
  8. Fly Fly Fly!!
  9. DRiPPiNG FiST
  10. KiLA KiLA
  11. Paisley
  12. Message
G-YUN プロフィール

ジュン:2005年、GOLLBETTYのヴォーカルとしてデビュー。同バンドは10年、名古屋ダイアモンドホールにて活動の幕を閉じる。その解散から1年、ソロデビューとなるシングル「Message」をリリースし、ツアー『Get The Message』を行なった。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着