【ギルガメッシュ】『ギルガメッシュ
WORLD TOUR 2011 “Here we go!!”
JAPAN TOUR』2011年6月26日 at Zep
p Tokyo

撮影:平沼久奈/取材:ジャガー

久しぶりに行なわれたワールドツアーで吸収するものが多かったのだろう。ステージ上に現れた瞬間から風格を漂わせていた。いざ、ライヴが始まると、一発の重みが増したドラム、ざらついた唸り声を上げるベース、絶妙にカットインしてくるギター、ますます狂暴になったサウンドと渡り合うヴォーカルとメンバー個々の主張も豊かになっている。派手な装飾や演出に頼らず、生身でぶつかっていくライヴにオーディエンスの熱気も上昇するばかり。最大級のライヴハウスでもいつものように熱狂の渦。着実にバンドの地盤を固め、その上にさまざまな要素を丁寧に咀嚼し、身に付けた結果を最高のかたちで披露していった。そして、左迅(Vo)が“音楽にまっすぐに、正直に向き合っていくから付いて来いよ”と最後に残した言葉。ライヴ後に改めて今後の彼らを想像すると胸が高鳴る。

セットリスト

  1. ※Opening
  2. destiny
  3. EXIT
  4. sunrise
  5. evolution
  6. ALIVE
  7. Challing
  8. driving time
  9. イノチノキ
  10. 見えない距離
  11. COLOR
  12. Endless wing
  13. CRAZY-FLAG
  14. ※now (intro)
  15. bit crash
  16. DIRTY STORY
  17. MISSION CODE
  18. Never ending story
  19. pray
  20. arrow
  21. shining
  22. Break Down
  23. 再会
ギルガメッシュ プロフィール

04年3月に、左迅(サトシ)(vo)、弐〜ニィ〜(g)、愁〜shuU〜(b)、Яyo(リョウ)(dr)の4人で現在の道を歩み始める。08年1月に初のヨーロッパ・ツアーを行い、『stupid tour '08』と銘打たれた国内ツアーと合わせて全38公演を敢行。08年11月からスタートした『“CRAZY TOUR 08-09”IN JAPAN』では、日本全国47都道府県を駆け抜け、ファイナルの渋谷AXでは超満員のファンの前でギルガメッシュ=ライヴ・バンドの名前に相応しい最高のパフォーマンスを披露した。その後、『CRAZY TOUR』はアメリカやヨーロッパにも及び、2度目となるヨーロッパ・ツアーでは7ヶ国で約7,000人ものファンを魅了した。

そして度重なる作品リリースは、ライヴのためにあると言っても過言では無い。彼らの楽曲リリースとライヴ開催はイコールで繋がっているのだ。06年9月に1stフル・アルバム『13's reborn』、07年12月に2ndアルバム『Girugamesh』、08年11月3rdアルバム『MUSIC』と立て続けにアルバム形態のみを発表。09年には彼ら最大の魅力と言えるライヴを収録したライヴDVD『CRAZY CRAZY CRAZY』をリリース。様々なジャンルの要素を融合させ、ギルガメッシュ独自のスタイルを確立している彼らは、まさに世界標準となり各国で高い支持を得ている。ギルガメッシュ オフィシャルHP
ギルガメッシュ オフィシャルTwitter
Facebook
ギルガメッシュ オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着