【大知正紘】『TOUR 2011 「ONE」』
2011年6月26日 at 原宿アストロホー

取材:編集部

初のワンマンツアー最終日。バンドを背に“楽しい~!”を連発、トレードマークのハットが飛ぶほどに跳ね回る姿は、普段“つながり”という、ある意味ストイックなテーマで、真摯に言葉を選び歌う彼からすると違和感もあったが、弱冠20歳。これが自然なのかも…ワンマンライブだし。ただ、跳ね回ってても意志力や声は、まったくぶれない。言葉の数々は、逆に無邪気さとともに素直に響き、聴き手を解放し満たしていく。おどけたトークも軽いタッチで笑いを誘い、今日を楽しむための即興曲「原宿アストロホール」でのコール&レスポンスも、スンナリと導き会場を沸かす。秀逸は本編ラストの「19歳最後の唄」。賛美歌でお馴染み、“ハレルヤ”のコーラスが神聖に会場を包み込む。終始、通い合わした心のアンコールは「手」。冒頭に書いた“つながり”の真骨頂は、きっと明日からの“大知正紘”を大きくすることだろう。
大知正紘 プロフィール

オオチマサヒロ:平成3年生まれ、三重県出身。未完成な世界に散らばった、言葉の力を信じる20歳。小林武史がプロデュースを務め、2010年3月にデビュー曲「さくら」を発表した。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着