【吉井和哉】『Flowers & Powerligh
t Tour 2011』2011年6月30日 at 東京
国際フォーラム ホールA

撮影:有賀幹夫/取材:ジャガー

最新アルバム『The Aplles』を引っ提げてのツアー『Flowers & Powerlight Tour 2011』。震災の影響を受け、一部公演が中止となり、当たり前にツアーができるという観念が覆されたと吉井和哉は振り返った。“誰にも良くなかったと言わせないライヴをしてきた”と本ツアーへの並々ならぬ決意を口にしていたが、まさに今回のツアーは活気に満ちたライヴだった。彼の言葉を借りるなら、アルバム同様の良い“気”が充満していたのだ。
 ソリッドなギターに濃密に絡み付く歌声。音が鳴った瞬間、全てのものを我が手中に収める存在感は何度観てもドキッとしてしまう。そして、吉井和哉を支えるサポートバンドの肉厚なサウンドが秀逸。インスト「THE APPLES」の幕開けから強靭なギターが唸りを上げる「ACIDWOMAN」「VS」と続き、すでに熱気十分な場内。“We wanna music!”のかけ声を合図に「MUSIC」へ。あっと言う間に本編ラストがきてしまい、“綺麗な笑顔で聴いてください”と優しく微笑んで「LOVE & PEACE」を奏でる。身近で起こる日常を慈しむことの大切さ…とても純粋な気持ちに立ち返ることができた。アンコールの「FLOWER」で投げかけられた“自分を愛してね”のひと言も印象深い。良いことも悪いことも全部ひっくるめて自分を愛することから始めなければいけない。さまざまな経験を積み、“55歳でブレイクする!”と無邪気な笑顔で宣言したロックスターの貫禄あるメッセージを受け、何気ない日々を大事にしていきたい。

セットリスト

  1. THE APPLES
  2. ACIDWOMAN
  3. VS
  4. CHELSEA GIRL(from THE YELLOW MONKEY)
  5. ロンサムジョージ
  6. イースター
  7. O.K.(from THE YELLOW MONKEY)
  8. おじき草
  9. 球根(from THE YELLOW MONKEY)
  10. MUSIC
  11. クランベリー
  12. シュレッダー
  13. ONE DAY
  14. GOODBYE LONELY
  15. SWEET & SWEET(from THE YELLOW MONKEY)
  16. ビルマニア
  17. LOVE & PEACE
  18. BEAUTIFUL
  19. HIGH & LOW
  20. CHAO CHAO
  21. WEEKENDER
  22. FLOWER
吉井和哉 プロフィール

ヨシイカズヤ:88年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、92年にメジャーデビュー。01年にバンドが活動休止した後、03年にYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。04年にTHE YELLOW MONKEYが解散。05年6月より初のソロツアー『AT the WHITE ROOM』を実施。06年1月、吉井和哉に名義を変更し、シングル「BEAUTIFUL」で活動を再スタート。14年11月、自身のルーツ・ミュージックをカバーした、初のカバーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』を発表。15年3月、4年振りとなる7thアルバム『STARLIGHT』を発表した。吉井和哉 オフィシャルHP(アーティスト)
吉井和哉 オフィシャルFacebook
吉井和哉 オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着