【特撮】『特撮 2011 LIVE! 「5年後
の世界」発売記念6年ぶりのツアー!
』2011年7月2日 at 新宿ロフト

取材:石田博嗣

再始動となったアルバム『5年後の世界』を引っ提げて行なわれるツアーは、なんと6年振り! その初日は勘を取り戻そうとする手探り感すら醍醐味とばかりに、メンバーは久々のライヴを楽しんでいる。もちろん、テンションを高めているのはフロアをぎっしり埋め尽くす観客も同じだ。ソリッドなギターリフと重厚なグルーブ、流麗な旋律を奏でるピアノが幾重にも交錯し、洪水のように押し寄せてくるドラマチックな音像を全身に浴びて、のっけから拳を突き上げ、Oiコールをし、新宿ロフトの床を大きく揺らした。そして、“今日は喋んないよ”と言いつつも、饒舌なMCを繰り広げる大槻ケンヂ(Vo)。息子であるブースカ人形も登場させ、その話術や独創的な詩世界で観客の意識を掴んで離さない。全20曲、高揚し、感動し、笑顔になった…これぞ特撮のライヴだろう。

セットリスト

  1. 5年後の世界
  2. ヤンガリー
  3. オム・ライズ
  4. 人として軸がぶれている
  5. ロードムービー
  6. アングラ・ピープル・サマー・ホリディ
  7. 文豪ボースカ
  8. パティーサワディー
  9. ケテルビー
  10. ルーズ ザ ウェイ
  11. ロコ!思うままに
  12. アベルカイン
  13. バーバレラ
  14. ヌイグルマー
  15. 林檎もぎれビーム!
  16. テレパシー
  17. 追想~霧が晴れた日
  18. 空想ルンバ
  19. ヨギナクサレ
  20. 綿いっぱいの愛を!
特撮 プロフィール

トクサツ:2000年、大槻ケンヂが筋肉少女帯を脱退後、新たにパンクチームとして立ち上げる(現在はロックバンドというのが適切か)。筋肉少女帯と並行して活動する大槻ケンヂはじめ、アニソンや若手バンドのプロデュースで活躍するNARASAKI(特撮のサウンドは彼がプロデュースを担う)、VAMPSやOBLIVION DUSTのサポートでも知られるARIMATSU、クラシック畑出身の三柴 理による辣腕バンド。11年、約6年振りに新作を発表し、その後、コンスタントに作品をリリースしている。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着