【Nothing's Carved In Stone】『To
ur echo』2011年9月3日 at 新木場ST
UDIO COAST

撮影:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)/取材:田山雄士

大型台風の影響で、『METAMORPHOSE』や『OTODAMA'11~音泉魂~』など同日の音楽フェスが無念の中止。それだけに雲行きが懸念されたが、東京はなんとか事なきを得て、3rdアルバム『echo』ツアーのファイナルは無事行なわれた。
「Material Echo」がSEで流れ、メンバー登場。アルバムと同じく「Truth」につなぎ、ライヴはスタートした。熱しすぎず冷めすぎずの理想的なテンションで始まったステージは、テクニカルなリズムで魅せる「Spiralbreak」へと続き、徐々にヒートアップしていく。「November 15th」では、日向秀和(Ba)が満員のオーディエンスをグイグイ煽り、オニィこと大喜多崇規(Dr)は打ち込みを織り交ぜた華麗なプレイを披露。最高のグルーブでフロアは早くもモッシュ&ダイヴ・ゾーンと化した。“こういうセットリストは今日まで”と語る村松 拓(Vo)のMC通り、この日の彼らは新作を中心に過去曲もバランス良く聴かせてくれた。中盤のハイライトは「Goodnight & Goodluck」。繊細なアンサンブルの中、シンプルな日本語詞が歌の力を強く感じさせ、村松のヴォーカリストとしての成長が見えるひと幕だった。生形真一(Gu)のリフが火を噴くように唸るキラーチューン「Rendaman」で後半の火蓋が切られ、原点曲「Isolation」で会場のボルテージは最高潮に! これまでを総括するように爆発する4人。このマスロック×エモ×ロックンロールな激烈サウンドこそ、Nothing's Carved In Stoneの真骨頂だ。さまざまなタイプの曲をモノにして、バンドのスタイルを確立した彼ら。次なる新曲も制作中らしく、まだまだ進化を見せてくれそうだ。

セットリスト

  1. Truth
  2. Spiralbreak
  3. November 15th
  4. Cold Reason
  5. Falling Pieces
  6. False Alarm
  7. My Ground
  8. Chain reaction
  9. Seasons of Me
  10. Sunday Morning Escape
  11. Sands of Time
  12. Goodnight & Goodluck
  13. Everlasting Youth
  14. 9 Beat
  15. TRANS.A.M
  16. Rendaman
  17. Around the Clock
  18. Isolation
  19. To Where My Shoe Points
  20. Moving In Slow-Motion
  21. Chaotic Imagination
  22. Same Circle
Nothing's Carved In Stone プロフィール

ナッシングス カーブド イン ストーン:2008年9月に活動を休止したELLEGARDENのギタリスト生形真一が声をかけ日向秀和(ストレイテナー)、村松 拓(ABSTRACT MASH)、大喜多崇規(FULLARMOR)の4人が集まり結成。痛快で繊細、ソリッドでポップ、難解でフックがある…というさまざまな要素を秘めた、自由度の高いギターロックを聴かせる。Nothing's Carved In Stoneオフィシャルサイト
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着