【School Food Punishment】『TOUR
2011“Prog-Roid”』2011年10月7日
at 恵比寿LIQUIDROOM

撮影:外山 繁/取材:宮本英夫

“セカンド・フェイズ”への突入を宣言したアルバム『Prog-Roid』のリリースツアー、しかも1年以上ほとんどライヴをやっていなかったこともあって、オーディエンスの期待感は開演前からすでにマックス状態。そんな中でステージに登場したメンバーは、サポートギターとキーボードを加えた6人編成で、“エレクトロ×ロック”“クール×ホット”“シュール×ポップ”など、さまざまな要素がクロスオーバーした最新型のSFPサウンドをのっけから大解放。内村友美(Vo)はギターを持たずにヴォーカルに専念し、ミューズの彫像のようにクールビューティーな魅力を振りまく一方で、蓮尾理之(Synthesizer)や山崎英明(Ba)が前に飛び出してソロを披露するなど、ステージングの印象はかなりアクティヴ。全ての曲で映像と照明が活用され、例えば「are」では明滅するドットや波形がアブストラクトなイメージを増幅させ、「ハレーション」では強烈なバックライトが実際にハレーション効果を引き起こすなど、視覚的な刺激が素晴しい。前半の「光」「ウツロウ、サンガツ」などのスローナンバーを引き立たせながら、この日初めて内村がギターを手にした10曲目「butterfly swimmer~transition period」以降は勢いのあるナンバーを並べるなど、展開もスムーズ。あっと言う間に本編終了→アンコールに突入し、男性メンバーだけのゆるいトークでほっとひと息付いた後、緊張感を取り戻してさらに3曲を演奏。アルバムの1曲目「free quiet」をラストに置き、ライヴ全体をひとつのループとして完結させると、ダブルアンコールとして披露した新曲「How to go」(12月7日発売)は、予想以上に肉感的なロック色の濃い曲だった。School Food Punishmentは一瞬も立ち止まらず、飽くなき進化の道を猛スピードで突き進んでいる。

セットリスト

  1. in bloom
  2. future nova
  3. ウツロウ、サンガツ
  4. sea-through communication
  5. are
  6. ハレーション
  7. Ura Omote
  8. butterfly swimmer~transition period
  9. flashback trip syndrome
  10. RPG
  11. light prayer
  12. Y/N
  13. Slide show 2.after laughter
  14. free quiet
  15. How to go
school food punishment プロフィール

内村友美(Vocal & Guitar)、蓮尾理之(Keyboards)、山崎英明(Bass)、比田井修
(Drums)からなる4人組ロックバンド。
2004年10月結成。新宿を中心としたライヴハウスを中心に活動をスタート。
2008年12月、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース。タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約1週間で完売となる。
2009年1月14日、『Riff-rain』を全国リリースし、3度目の全国ツアーを行う。同年3月、「JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album」に「Brand New Wave Upper Ground」のカヴァーで参加。
そして5月、1stシングル「futuristic imagination」をリリース。school food punishmentオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着