【NIKIIE】『NIKIIE LIVE TOUR 2011
*(POSTSCRIPT)』2011年10月7日 at
赤坂BLITZ

撮影:森 久/取材:石田博嗣

朝と夜があって一日となるように、光と影があってこそ人間だ。そんな影の部分を歌うことで、その向こうにある光を輝かせる楽曲たちに胸を打たれた。1stアルバム『*(NOTES)』に収録されていた楽曲はもちろん、「Subway」をはじめとする未発表曲の数々。10本の指だけでは足りず、拳や肘も使ってピアノを奏で、伸びのある歌声が真っ直ぐに届けられることで、そこに綴られた彼女の心の葛藤や叫びがリアリティーを増して響いてきた。しかし、伝わってくるのは“痛み”であっても、それは自分の中で温もりや明日に向かう力に変わる。それこそが共感というものだろう。ライヴは“みんなの明日が飛び切りの明日でありますように”と披露された「little summer」で幕を下ろしたが、より説得力を持って届けられた歌や、より深く自身が投影された未発表曲に、1stアルバム以降のNIKIIEを垣間見た時間でもあった。

セットリスト

  1. NAME
  2. Kiss Me
  3. LUV SICK
  4. カラノイズ
  5. 魔女
  6. STAR
  7. Say you love me
  8. Subway
  9. 幻想フォルム
  10. TOXIN
  11. 紫陽花
  12. 雨人
  13. 3sec.
  14. カナリア
  15. HIDE&SEEK
  16. 春夏秋冬
  17. little summer
NIKIIE プロフィール

ニキー:茨城県出身。4歳でピアノ教室に通い、16歳の夏に作詞作曲を始め音楽活動を開始し、高校卒業後に上京。2010年12月にシングル「春夏秋冬」でデビューすると、同曲はパワープレイ歴代女性アーティスト獲得記録を更新した。そして、翌年7月には1stフルアルバム『*(NOTES)』を発表し、初の全国ツアーも成功させた。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着