【G-YUN】『HiMYMEMINE TOUR』2011年
10月23日 at 渋谷WWW

取材:高木智史

“一度バンドを辞めたけど、まだ伝えたいこと、観たい景色がいっぱいある”。その思いでソロでの活動をスタートさせ、初のアルバムをリリースしてのツアーファイナル。先日のソロ初のツアーにも増してのっけからパワフルでエネルギッシュなライヴを見せる。新曲も多数披露したが、アジテートしながらグイグイ引っ張っていく。アンコールではファンが用意した手書きのメッセージ入りTシャツに着替え、“みんなで歌おう!”とフロアに降り、観客の輪の中で「Paisley」を歌い締め括った。“また歌うことができて、みんなに会えて幸せです!”と語ったG-YUN。ファンとこんなに真っ直ぐな言葉、行動で生の感情を交換できるアーティストは他にいないだろう。このツアーで得た感情をかたちに変え、また新たな境地でステージに立つ彼女が楽しみだ。

セットリスト

  1. JUST LIKE YOU
  2. American Cherry Girl
  3. QUEEN Bee
  4. 素足で踊り渡るRAINBOW
  5. DRiPPiNG FiST
  6. Hello Hello
  7. HiMYMEMINE
  8. 静かな夜
  9. 真夜中にヒトツ
  10. I feel U.
  11. フラジール
  12. Fly Fly Fly!
  13. KiLAKiLA
  14. Message
  15. Paisley
G-YUN プロフィール

ジュン:2005年、GOLLBETTYのヴォーカルとしてデビュー。同バンドは10年、名古屋ダイアモンドホールにて活動の幕を閉じる。その解散から1年、ソロデビューとなるシングル「Message」をリリースし、ツアー『Get The Message』を行なった。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着