【サンボマスター】『究極ベストツア
ー後半戦ファイナル』2011年12月1日
at SHIBUYA-AX

撮影:山本倫子/取材:フジジュン

 “準備いいですか、渋谷? 宇宙一のライヴできますか!? ロックンロールの時間ですよ!!”と、まくし立てる山口 隆(唄とギター)の絶叫とギターの爆音で始まった『究極ベストツアー後半戦ファイナル』。1曲目「青春狂想曲」が始まるや観客の高ぶる気持ちが決壊し、会場が大きく揺れる。長いツアーを経てさらなる逞しさ、強靭さを身に付けたサンボマスターの演奏は、胸掻きむしる荒々しさと心や身体を突き動かすグルーブがハンパない。ベスト盤ツアーということで、「美しき人間の日々」「世界を変えさせておくれよ」と序盤から出し惜しみのないセットリスト。また、近藤洋一(ベースとコーラス)がDJとして鳴らす打ち込みのビートで踊らせた「スローなディスコにしてくれ」や、アコースティック編成で聴かせた「I LOVE YOU」などは彼らの新機軸! 木内泰史の力強いドラムソロに歓声が上がった「全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ」など、各所に光るそれぞれの個性も見どころだった。“俺らにできることは全国回って福島の歌を歌うこと”と言葉で表現しきれない想いをギターの轟音に乗せて、気持ちいっぱいに始まった「I love you & I need you ふくしま」、続く“亡くなってしまった人にありがとうって伝えたい”と歌った「ラブソング」が涙を誘い、「歌声よおこれ」からのキラーチューン連発で再度フロアを熱狂の渦に巻き込んだ後半戦。大合唱がこだました「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」の最高にピースフルでロックンロールな瞬間はまさに宇宙一! アンコール含め、全22曲。現在のサンボマスターの凄まじさがしっかり伝わる、まさにベスト・オブ・ベストな夜だった。

セットリスト

  1. 青春狂騒曲
  2. 美しき人間の日々
  3. 世界をかえさせておくれよ
  4. スローなディスコにしてくれ
  5. きみはともしび
  6. 全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ
  7. 光のロック
  8. ベイビー優しい夜が来て
  9. I Love You
  10. きみのキレイに気づいておくれ
  11. 君を守って 君を愛して
  12. 月に咲く花のようになるの
  13. I love you & I need you ふくしま
  14. ラブソング
  15. 歌声よおこれ
  16. あの鐘を鳴らすのはあなた
  17. そのぬくもりに用がある
  18. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
  19. できっこないを やらなくちゃ
  20. トランジスタ・ラジオ(RCサクセション カバー)
  21. 希望の道
  22. あなたといきたい
サンボマスター プロフィール

山口隆(vo&g)、近藤洋一(b&cho)、木内泰史(dr&cho)が00年に結成。山口の狂気じみた渾身のヴォーカルと、ソウル魂が炸裂するファンク・サウンドでインディーズ・シーンの中でも異彩を放つ存在となり、様々なコンピレーションに参加。03年、オナニーマシーンとのスプリット・アルバム『放課後の性春』をメジャー・レーベルからリリース、同年リリースした1stフル・アルバム『新しき日本語ロックの道と光』が爆発的ヒットを記録した。その後、“コザック前田と泉谷しげる”やYO-KINGのシングル「審美銃」のバック・バンドをつとめたり、松尾スズキの映画『恋の門』の主題歌に「月に咲く花のようになるの」が選ばれたりと、音楽関係者やアーティスト筋にもに絶賛されている。要チェック。サンボマスターOfficial Website
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着