【NICO Touches the Walls】『Tour2
012 “HUMANIA” 追加公演 “Ground
of HUMANIA”』2012年3月20日 at 幕
張メッセ イベントホール

撮影:上飯坂一/取材:宮本英夫

千葉県出身のNICO Touches the Wallsにとって、幕張メッセ イベントホールはつまり凱旋公演。光村龍哉(Vo&Gu)は第一声で“千葉県に帰ってきました!”と叫び、その後のMCでも”ここでやれて嬉しい””地元へようこそ!”とホームグラウンドへの愛をぶちまける。実は、坂倉心悟(Ba)のみ東京出身ということで軽く笑いも取りつつ、全体的には極めてテンションの高い歌と演奏と真摯な言葉でぐいぐいと押しまくる。今回はツアー『Tour2012 “HUMANIA”』の追加公演ということで、本編のツアーとは曲目が異なるのだが、新たに加えられた「トマト」「波」といった重厚な楽曲が新鮮な魅力を放っていたのは収穫だった。それはアルバム『HUMANIA』の根底に流れる生々しい人間臭さ、生きることの素晴しさといったテーマに呼応し、ライヴ全体をひとつの物語として感じさせることによく貢献していた。その中で披露された新曲「夏の大三角形」は心地良く転がるリズムと伸びやかなメロディーを持つ、これからの季節にぴったりのさわやかな曲調で、バンドの幅を広げる大きな可能性を秘めた楽曲だ。可能性と言えば、男女に分けてのコール&レスポンスや、アンコールで地元の高校生によるマーチングバンドを従えて、会場後方からステージまで練り歩くなど、今までになかった演出が試みられたのも、可能性を広げるための前向きなトライだろう。バンドが追求するべきロックの方向性は、アルバム『HUMANIA』でより明確になった。あとはどれだけ多くの人に、より楽しく、より深く届けられるか。この日のライヴの成功の向こうには、さらにスケール感を増したバンドの未来像がはっきりと見えていた。

セットリスト

  1. Heim
  2. 衝突
  3. 業々
  4. 友情讃歌
  5. ホログラム
  6. 泥んこドビー
  7. Endless roll
  8. 恋をしよう
  9. 極東ID
  10. トマト
  11. カルーセル
  12. THE BUNGY
  13. 夏の大三角形
  14. 妄想隊員A
  15. Broken Youth
  16. バイシクル
  17. 手をたたけ
  18. demon(is there?)
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着